車のバッテリー上がりの5つの要因と対処法!渋滞もバッテリー上がりの原因って知ってた!?

寒い時期は、車のバッテリー液の温度が下がり、バッテリーの性能が極端に落ちてしまい、バッテリー上がりが起きやすくなります。

車のバッテリー上がりの原因は、バッテリー自体の寿命が近づいているせいばかりとは限りません。

ちょっとしたことに気をつけるだけで、車のバッテリー上がりを防ぐことができます。

今回は、車のバッテリー上がりの原因と、その対処方法についてご紹介します。

ライトの消し忘れ(バッテリー上がり最大の原因)

自動車の電装品の中で、最も消費電力が大きいのはエアコンです。

エアコンは車のエンジンをかけている時にしか作動しないため、エアコンを消し忘れてしまうという心配はありません。

しかし、車のライト類の消し忘れは、意外とやってしまいがちです。

最近では、オートライト機能を装備した自動車も増えていますが、まだまだ手動で消灯するタイプが一般に普及しています。

車のエンジンを切った状態で、ライトを点灯させるのはバッテリーにとってはかなりの負担になってしまいます。

エンジンを停止して車から降りる際は、ライト類の消し忘れがないか意識してチェックし、癖付けするようにしましょう。

雨の日の渋滞(意外と知らないバッテリー消耗原因)

意外と知られていないことですが、渋滞はバッテリーを消耗させるのです。

自動車は走行することで全力生み出します。

そのため、渋滞で車が止まっている時間が続くと、バッテリーが充電不足になってしまうのです。

さらに雨の日の渋滞は、バイパーやエアコン、ライトなど多くの電装品を使用することになり、ますます電力の消費量が大きくなってしまいます。

雨の日の渋滞時、バッテリーの寿命が近づいている時だったり、バッテリーの電圧が下がっているタイミングだった場合、バッテリー上がりのリスクは一気に高まります。

車通勤の方で、通勤に使う道路がいつも渋滞しているというような場合は、バッテリーの状態をこまめにチェックする習慣をつけたる事をおすすめします。

半ドア(意外と知らないバッテリー消耗原因)

車のドアを閉めた時、きちんと締めたつもりでも、半ドアになってしまうことがあります。

車が半ドアの状態だと、ルームランプが点灯しますのでバッテリーの電力が消費し続けてしまいます。

ルームランプを点灯させたくらいではすぐにバッテリ上がりに繋がることはないでしょうが、チリも積もればということもあります。

また、車を半ドアの状態にしたまま車から離れるのは、防犯の面からもよくありませんので注意が必要です。

待機電流

ここで言う待機電流とは、車を動かしていない間に使われる電力のことを指します。

時計やセキュリティ装置に使われるような電力も待機電流に当たります。

時計やセキュリティ装置の待機電流だけでバッテリーが上がりが起きることはありません。

車のオーナーがDIYで電装品を追加で取り付けている場合は、待機電流の扱いに注意が必要です。

電装品を装備する際、電源を取る場所を間違えていると、エンジンを切ってからもバッテリーからの電力供給が継続されてしまうことがあります。

イタズラや盗難が起きないよう、待機電流を使用するドライブレコーダー等の危機を動作させる場合は、保護回路を付けるなどの対策を検討してみてください。

12V車用バッテリープロテクター
デンシ電気店
¥ 2,970(2019/11/17 16:37時点)

オルタネーターの故障(電気を生成する発電機)

オルタネーターは自動車の発電装置でエンジン同様に重要なパーツです。

オルタネーターにトラブルが起きると、電気を発電することができなくなり、バッテリーを充電することができなくなります。

バッテリーを交換したばかりなのにすぐにバッテリー上がりが生じてしまった場合は、オルタネーターの劣化や故障を疑ってみましょう。

電流が漏れている恐れもありますので、不具合の原因をしっかり突き止める必要があります。

バッテリーが上がってしまったら

バッテリ上がりが起きてしまった場合、一番良い方法は新品のバッテリーに交換することです。

当たり前ですが、これがもっとも確実な対応です。

手順さえわかれば、自分でバッテリーを交換することも可能です。

出先でバッテリーが上がってしまい、どうすることもできないときは、他の車に助けを求めるという方法もあります。

電力を大きく消費するのはエンジン始動時なので、他の車のバッテリーにブースターケーブルを繋いでもらい、エンジンをかければ、近くのガソリンスタントまで走行できるかもしれません。

ブースターケーブルでエンジンが掛かっても、一度止まってしまうと再びエンジンがかからず、バッテリー上がりにより動き出すことができなくなってしまう恐れがあります。

出先でのバッテリー上がりの場合は、ロードサービスなどに連絡して対応される事をおすすめします。

楽天,1位獲得 バッテリー上がりはこれで解決!【ジャンプスターター LUFT】

最後に

バッテリー上がりの原因としては、

  • ライトの消し忘れて車を離れてしまう
  • 渋滞などで車のエンジンを回さない状況が多いときに、エアコン等の使用による電力の大量消費

が主な原因となってきます。

エアコンの風量や温度調整するなど、消費電力を抑える心がけをしてバッテリ上がりの対策をとることが大切です。

ライトの消し忘れなど日ごろのうっかりの積み重ねがバッテリ上がりを引き起こしてしまいます。

省エネや防犯のためにも車の管理はしっかり行いましょう。

おすすめドライブレコーダーTOP3

 
1位:APEMAN ドライブレコーダー 1080P Full HD 1200万画素 3.0インチ液晶
4.5

Amazonベストセラー1位になったこともあるドライブレコーダーの定番アイテム!

画素数200万画素でフルHDのドライブレコーダーです。

HDRとWDR機能を搭載しているため白飛びや黒つぶれ、逆光にも強い一台。

昼だけでなく夜も鮮明に記録することが可能です。

170度の広角レンズのため、5車線幅の道路でも死角なし。

また、振動を感じると自動的に電源が入り、30秒間録画してくれるので車から離れている時でも安心です。

そして、なんと言っても価格が4,000円を切るので、初めてのドライブレコーダーを購入する場合などにおすすめです。

 

 
2位:コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015 前後200万画素 SDHCカード16GB付
4.0

前方だけではなく、後方も録画できるドライブレコーダーです。

前方だけの録画では不安な時代となっていますので、前後ともに録画できるドライレコーダーであれば、コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015をおすすめします。

前後ともにフルHD200万画素で録画、当然LED信号機にも対応しています。

そして、コムテックは国内最大手のドライブレコーダー製造メーカーなので、保証も安心です。

録画機能以外にも、安全運転支援機能やSDカードが破損している場合に知らせてくれる機能など、安全にドライブを楽しむためのポイントを多く取り入れています。

16GBのmicroSDカードが付属しているのもポイントが高いです。

 
3位:ドライブレコーダー 前後カメラ 【最新 32Gカード付き】 1080PフルHD 1800万画素
4.0

6,000円以下とお手頃価格がポイントの、前後録画が出来るドライブレコーダーです。

前後録画のドライブレコーダーを検討されている方で、テスト導入する場合は、こちらのドライブレコーダーをおすすめします。

6,000円以下の値段ですが、32GBのSDカード付きで、フルHD1800万画素録画、170度の広角レンズでしっかりと状況を捉え、ナンバープレートなど細部の情報もはっきり記録することができます。

吸盤式なので、フロントガラスに装着してケーブルをシガーソケットに接続するだけで取り付け完了します。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4.0

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

高密度ガラス繊維系ポリマー ブリス 80ml トライアルセット
ブリスショップ(楽天市場店)
¥ 2,268(2019/05/15 20:52時点)
 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
4.0

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法

コメント