車に貼られているステッカーを剥がすと法律違反!?

車のウィンドウには様々なステッカーが貼られていますよね。

おしゃれにこだわるドライバーには、ダサく感じてしまい、剥がしてしまいたいと考えてしまう人も多いと思います。

しかし、ステッカーを剥がしてしまうと法律違反になってしまうステッカーのあるのです。

今回は、知らずにステッカーを剥がして、トラブルになってしまわないよう解説していきます。

車に貼られているステッカーの種類

車に貼られているステッカーには、様々な種類があります。

ステッカーによって意味やルールが違いますから、一つずつ確認してみましょう。

車検ステッカー

車検ステッカーは、フロントガラスの中央に貼られており、なかなかの存在感があるステッカーです。

これは肌してしまって大丈夫なのでしょうか?

実は、道路運送車両法により、下記のように定められています。

自動車は、自動車検査証を備え付け、かつ、国土交通省令で定めるところにより検査標章を表示しなければ運行の用に供してはならない。

そのため、勝手に剥がしてしまうのは法律違反となってしまいます。

違反すると50万円以下の罰金が科せられることもあるので注意しましょう。

点検ステッカー

点検ステッカーは、法定点検を受けましたという証明として貼られるステッカーです。

そもそも法定点検は、受けなくても罰則がないものですから、点検ステッカーを貼っていなくても法律違反になることはありません。

というわけで点検ステッカーは、剥がしてしまってもOKです。

しかし、点検ステッカーを張っておいてもいい期間が決まっていて、期間を過ぎて張りっぱなしにしてしまった場合は、保安基準違反になってしまいます。

ステッカーを貼っておいておける期間は、点検ステッカーの裏面に記載されているので、必ずチェックしておきましょう。

車庫証明のステッカー

車庫証明のステッカーは、保管場所標章と呼ばれるもので、車の保管場所を確保してあることを証明するステッカーです。

保管場所標章については、法律によって以下のように定められています。

保管場所標章の表示は、当該保管場所標章を当該自動車の背面ガラスに、当該保管場所標章に表示された事項が後方から見やすいように貼り付けることにより行わなければならない。

そのため、車庫証明のステッカーを剥がしてしまうことは法律違反となります。

しかし、車庫証明のステッカーを貼っていないことによって、罰金・罰則を受けるということはありません。

ですが、法律で貼付が義務付けられているステッカーですから、わざわざ法律に逆らって剥がして良いことはなさそうです。

低燃費/低排出ガス認定ステッカー

低燃費/低排出ガス認定ステッカーは、エコカーなどに貼られているステッカーです。

特段、エコカーであることを証明しなくてはいけない法律などは存在しませんから、このステッカーを剥がしてしまっても問題ありません。

また、低燃費/低排出ガス認定ステッカーを張っていないことで、エコカー減税などが受けられなくなる等のデメリットもありせん。

ステッカーを剥がすのは以外と面倒

車のステッカーには、剥がすと法律違反になってしまうものもありますが、ステッカーを剥がしても問題ないステッカーもあります。

クルマのデザイン性を大事にしたいオーナーにしてみると、ステッカーを貼っておく必要がないステッカーに関しては、剥がしてしまいたいと考えいるオーナーも多いと思います。

しかし、車に貼られているステッカーは、屋外で長期間貼られる事を想定して作られているため、ステッカーの粘着耐久性はかなり高いです。

そのため、ステッカーを剥がそうとしても、なかなか綺麗に剥がすことが出来ません。

知識がなく無雑作にステッカーを剥がそうとすると、剥がし残しが残ったりして、かえって見た目が悪くなってしまいます。

また、車に傷を付けてしまう可能性もありますので、ステッカーを剥がす際は細心の注意が必要です。

ステッカーを綺麗に剥がすコツ

ステッカーにお湯を掛ける

ステッカーを綺麗にコツとしては、お湯をかける方法があります。

ステッカーにお湯を掛けて、しばらくすると熱で粘着部分が柔らかくなって、ステッカーが剥がれやすくなります。

ドライヤーを使う

ステッカーを貼られた時期が比較的最近であれば、ステッカーをドライヤーで温めるだけで綺麗に剥がすことができる場合もあります。

方法は、ドライアーでステッカー部分を温めます。

お湯を使った場合と同様に、熱によってステッカーの粘着部分が柔らかくなるので、ステッカーの端からゆっくりと剥がしていきます。

ステッカーが冷えてしまうと、ステッカーの粘着力が復活してしまうので、ステッカーが温まっている間に剥がしてください。

スクレーパーを使う

上級者の方は、スクレーパーを使ってステッカーを剥がしている方も多いと思います。

スクレーパーは、大きなカミソリのようなものです。

ガラスとステッカーの間にこのスクレーパーを入れて剥がしていきます。

ただし、うまく使わないとガラスに傷がついてしまうことがあるので、細心の注意が必要です。

おすすめドライブレコーダーTOP3

 
1位:APEMAN ドライブレコーダー 1080P Full HD 1200万画素 3.0インチ液晶
4.5

Amazonベストセラー1位になったこともあるドライブレコーダーの定番アイテム!

画素数200万画素でフルHDのドライブレコーダーです。

HDRとWDR機能を搭載しているため白飛びや黒つぶれ、逆光にも強い一台。

昼だけでなく夜も鮮明に記録することが可能です。

170度の広角レンズのため、5車線幅の道路でも死角なし。

また、振動を感じると自動的に電源が入り、30秒間録画してくれるので車から離れている時でも安心です。

そして、なんと言っても価格が4,000円を切るので、初めてのドライブレコーダーを購入する場合などにおすすめです。

 

 
2位:コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015 前後200万画素 SDHCカード16GB付
4.0

前方だけではなく、後方も録画できるドライブレコーダーです。

前方だけの録画では不安な時代となっていますので、前後ともに録画できるドライレコーダーであれば、コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015をおすすめします。

前後ともにフルHD200万画素で録画、当然LED信号機にも対応しています。

そして、コムテックは国内最大手のドライブレコーダー製造メーカーなので、保証も安心です。

録画機能以外にも、安全運転支援機能やSDカードが破損している場合に知らせてくれる機能など、安全にドライブを楽しむためのポイントを多く取り入れています。

16GBのmicroSDカードが付属しているのもポイントが高いです。

 
3位:ドライブレコーダー 前後カメラ 【最新 32Gカード付き】 1080PフルHD 1800万画素
4.0

6,000円以下とお手頃価格がポイントの、前後録画が出来るドライブレコーダーです。

前後録画のドライブレコーダーを検討されている方で、テスト導入する場合は、こちらのドライブレコーダーをおすすめします。

6,000円以下の値段ですが、32GBのSDカード付きで、フルHD1800万画素録画、170度の広角レンズでしっかりと状況を捉え、ナンバープレートなど細部の情報もはっきり記録することができます。

吸盤式なので、フロントガラスに装着してケーブルをシガーソケットに接続するだけで取り付け完了します。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4.0

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

高密度ガラス繊維系ポリマー ブリス 80ml トライアルセット
ブリスショップ(楽天市場店)
¥ 2,268(2019/05/15 20:52時点)
 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
4.0

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法

コメント