雪道ドライブで起こる7つのトラブル事例!雪上を走るなら絶対に知っておく知識!

冬シーズンは、降雪で道は雪に埋まり、溶けた雪が凍結するといった、冬特有の環境によって、車の運転中だけではなく、駐車中でも様々なトラブルが発生します。

今回は、雪道や雪上で知っとくべき車のトラブルについてご紹介します。

夏タイヤでスリップ・立ち往生

夏タイヤは、乾いた路面と濡れた路面を走行することを目的として作られたタイヤです。

そのため、雪道や凍結路には不向きで簡単にスリップしてしまいます。

雪道は、必ずスタッドレスタイヤで走行しましょう。

特に初雪による降雪となった際、もっとも多くなるトラブル事例です。

スタッドレスタイヤのパンク(タイヤ交換後)

スタッドレスタイヤへタイヤ交換を行ったあと、空気圧を確認せずにそのまま走行すると、パンクする可能性があります。

タイヤがパンクする理由は、スタッドレスタイヤの保管中に空気圧が下がっているためです。

夏タイヤから、スタッドレスタイヤへ交換した後は、適正なタイヤ空気圧にしましょう。

また、夏タイヤと同様、定期的に空気圧をチェックしましょう。

タイヤの空気圧は、ガソリンスタンドに行けば調整する事ができます。

雪で見づらくなった側溝に脱輪

歩道やガードレールがある街中の道路であれば問題ありませんが、市街地から外れた人が歩かないような道路や、田畑を横切る道路では、蓋がない速攻に雪が積もり、側溝が見えなくなっていることがあります。

雪が積もって見えなくなっている側溝に対し、車を左に寄せすぎると脱輪することがあります。

万が一脱輪した場合は、無理な脱出は車の足まわりを傷めてしまいますので、JAFなどのロードサービス会社に連絡をとって対応をしましょう。

バッテリーあがり

一般的なバッテリーは、気温が下がると化学反応が鈍くなり、バッテリー容量が減少してしまいバッテリー上がりが発生します。

その結果、車のエンジンが始動できなくなります。

バッテリーの状態はこまめにチェックしておきましょう。

増加位はこまめにチェックしておきましょう。

バッテリー上がりが発生した場合は、正常なバッテリーや他車などのバッテリーと接続して、エンジンを始動するしかありません。

普段、ガレージ内に車を保管している場合は、バッテリーチャージャーと接続したままにしておくことで、バッテリーの性能を維持することが可能です。

ワイパーが凍ってしまう

フロントガラスに積もった雪の水分が凍結してしまい、ワイパーのブレードがフロントガラスに張り付いてしまいます。

ワイパーブレードがフロントガラスに張り付いた状態で、無理にワイパーを動かしてしまうと、ワイパーブレードのゴムが引きちぎれてしまうことがあります。

そのため、無理にワイパーを動かさないで下さい。

降雪の可能性がある際に屋外駐車する時は、ワイパーを立てておくことでワイパーのゴムが張り付くのを防ぐことができます。

フロントガラスにワイパーが張り付いてしまった場合は、エンジンを掛けてフロントガラスへ温風を当てるデフロスターを使用し、凍結したワイパーを解凍するようにしてください。

フロントガラスが曇る・凍る

車のフロントガラスに積もった雪の水分は、外気温が0℃になると凍結してしまいます。

さらに、そのような気温時にエンジンをかけると、車内と車外の温度差によって、フロントガラスの内側が曇ってしまいます。

フロントガラスが凍った場合、曇った場合、どちらにせよ前が見えなくなり、そのまま走行するのは大変危険です。

凍りついたフロントガラスの外側は、ヘラを使って凍結した部分を削り取る方法と、解凍スプレーを吹きかけて解凍する方法があります。

車内の内側のフロントガラスは、フロントガラスへ温風を当てるデフロスターを使って、曇りを取り除いてくださ。

車のガラス専用の曇り止めを使うのも有効な対策です。

ウォッシャー液が出ない

気温の低い冬にウィンドウォッシャー液もしくは、ウォッシャーノズルが凍結することで、ウォッシャー液が出なくなってしまいます。

ウォッシャーノズルが凍結している場合は、ウォッシャーノズルにぬるま湯をかけることで、回復する場合もあります。

また、寒冷地仕様のウォッシャー液を使用し、凍結する温度を下げることで、ウォッシャー液の凍結を予防することが可能です。

おすすめドライブレコーダーTOP3

 
1位:APEMAN ドライブレコーダー 1080P Full HD 1200万画素 3.0インチ液晶
4.5

Amazonベストセラー1位になったこともあるドライブレコーダーの定番アイテム!

画素数200万画素でフルHDのドライブレコーダーです。

HDRとWDR機能を搭載しているため白飛びや黒つぶれ、逆光にも強い一台。

昼だけでなく夜も鮮明に記録することが可能です。

170度の広角レンズのため、5車線幅の道路でも死角なし。

また、振動を感じると自動的に電源が入り、30秒間録画してくれるので車から離れている時でも安心です。

そして、なんと言っても価格が4,000円を切るので、初めてのドライブレコーダーを購入する場合などにおすすめです。

 

 
2位:コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015 前後200万画素 SDHCカード16GB付
4.0

前方だけではなく、後方も録画できるドライブレコーダーです。

前方だけの録画では不安な時代となっていますので、前後ともに録画できるドライレコーダーであれば、コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015をおすすめします。

前後ともにフルHD200万画素で録画、当然LED信号機にも対応しています。

そして、コムテックは国内最大手のドライブレコーダー製造メーカーなので、保証も安心です。

録画機能以外にも、安全運転支援機能やSDカードが破損している場合に知らせてくれる機能など、安全にドライブを楽しむためのポイントを多く取り入れています。

16GBのmicroSDカードが付属しているのもポイントが高いです。

 
3位:ドライブレコーダー 前後カメラ 【最新 32Gカード付き】 1080PフルHD 1800万画素
4.0

6,000円以下とお手頃価格がポイントの、前後録画が出来るドライブレコーダーです。

前後録画のドライブレコーダーを検討されている方で、テスト導入する場合は、こちらのドライブレコーダーをおすすめします。

6,000円以下の値段ですが、32GBのSDカード付きで、フルHD1800万画素録画、170度の広角レンズでしっかりと状況を捉え、ナンバープレートなど細部の情報もはっきり記録することができます。

吸盤式なので、フロントガラスに装着してケーブルをシガーソケットに接続するだけで取り付け完了します。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4.0

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

高密度ガラス繊維系ポリマー ブリス 80ml トライアルセット
ブリスショップ(楽天市場店)
¥ 2,268(2019/05/15 20:52時点)
 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
4.0

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法

コメント