知ってるとモテる6つの車の知識!モテる男は知っている!?

今回は知ってるとモテる車の知識について紹介していきます。

ドライブのときなど、スマートに車の知識を披露すれば高感度がUPのきっかけになります。

暖房ではガソリンを消費しない

車の暖房は「エンジンの排気熱」を利用しているので、ガソリンを消費することはありません。

逆に、「冷房」はガソリンを普通に消費してしまいます。

ガソリンの節約する場合は、夏のエアコン温度調整でがんばりましょう。

新古車(未使用車orナンバー付き展示車)が存在する理由

新古車とは、ナンバー登録だけした未使用の車を指します。

試乗車であれば、中古車扱いになりますし、ディーラーなどで展示するだけならナンバーを取得する必要はありません。

何故、試乗しない、主に展示するだけの車をナンバー登録する必要があるのでしょうか!?

それは、新車販売店のディーラーに販売ノルマがあるためです。

月の販売目標台数、ノルマを達成するとメーカーから販売店に奨励金が出ます。

例えば、販売台数のノルマが10台で、9台しか販売できなかった場合、ノルマ未達成で奨励金ももらえません。

そのようなとき、販売店関係者の名義で新車を登録し、ノルマを達成したことにして販売店は奨励金をもらっているのです。

それが、新古車が誕生する瞬間です。

当然ですが、奨励金を受け取ったディーラー0は、新古車として登録される車を売却して、得られる利益によって損(持ち出し)することはありません。

スピードメーターはなぜ時速100キロ以上あるのか?

日本の高速道路の法定速度は、時速100キロですが、国産車のスピードメーターは180キロまであります。

なぜ違反になる速度まで出るのか!?

これは日本自動車工業会の自主規制で決まりました。

なぜ時速180キロなのかは諸説ありますが、重い荷物を載せていたり、坂道のある高速道路で時速100キロを出そうとするば、時速100キロ以上を出せる性能が必要となるからです。

時速100キロが限界のエンジンで、時速100キロを出し続ければ、エンジンへの負担が大きくなってしまいます。

また、日本国内の法定速度は時速100キロですが、海外の道路では時速100キロ以上の制限速度の国があります。

車を輸出販売する場合、時速100キロ以上出るようにしたほうが輸出しやすくなります。

乗車した状態で給油口が左右どちらか知る方法

ガソリンスタンドへ行ったとき、ふと給油口が左か右か分からなくなる時ってありますよね。

そんな時、ガソリンの残量メーターで確認する事ができるんです。

給油マークの隣の三角形をご覧下さい。

この三角形が右に向いていれば、給油口は右に、左に向いていれば給油口は、左にあります。

彼女とレンタカーでデートする際など、初めてのる車でガソリンスタンドに入った時、これを知っていると焦る事がなくなります。

スペアタイヤが無くなった理由

昔は当たり前のように搭載されていたスペアタイヤですが、現在の新車には搭載されていません。

なぜ、スペアタイヤを搭載しなくなったのでしょうか!?

それは、まず第一にスペアタイヤの積載義務がなくなったからです。

さらに、携帯電話が普及したことによって、JAF等のロードサービスをすぐ呼べるようになったことがあります。

タイヤの性能が上がり、タイヤのパンクがしにくくなったのもあります。

また、自力でスペアタイヤへ交換する事が出来るドライバーが、少なくなったのも理由としてあります。

黄色いフォグランプが消えた理由

フォグランプとは、車のバンパープレートのバンパー部に付いているランプのことです。

「前部霧灯」と呼ばれ、フォグ(濃霧)や豪雨によって視界が悪くなった際、他車に自車の存在を知らせるためのものです。

現在、フォグランプは白が多く使われていますが、波長の長い黄色など色が付いていると、距離感が掴み難いというような理由で廃れてしまいました。

現在のフォルランプでは白が多く採用されています。

単純な「流行り」という見方もあるようですので、また黄色が流行れば増える可能性はあります。

流行は繰り返すと言いますからね。

おすすめドライブレコーダーTOP3

 
1位:APEMAN ドライブレコーダー 1080P Full HD 1200万画素 3.0インチ液晶
4.5

Amazonベストセラー1位になったこともあるドライブレコーダーの定番アイテム!

画素数200万画素でフルHDのドライブレコーダーです。

HDRとWDR機能を搭載しているため白飛びや黒つぶれ、逆光にも強い一台。

昼だけでなく夜も鮮明に記録することが可能です。

170度の広角レンズのため、5車線幅の道路でも死角なし。

また、振動を感じると自動的に電源が入り、30秒間録画してくれるので車から離れている時でも安心です。

そして、なんと言っても価格が4,000円を切るので、初めてのドライブレコーダーを購入する場合などにおすすめです。

 

 
2位:コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015 前後200万画素 SDHCカード16GB付
4.0

前方だけではなく、後方も録画できるドライブレコーダーです。

前方だけの録画では不安な時代となっていますので、前後ともに録画できるドライレコーダーであれば、コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015をおすすめします。

前後ともにフルHD200万画素で録画、当然LED信号機にも対応しています。

そして、コムテックは国内最大手のドライブレコーダー製造メーカーなので、保証も安心です。

録画機能以外にも、安全運転支援機能やSDカードが破損している場合に知らせてくれる機能など、安全にドライブを楽しむためのポイントを多く取り入れています。

16GBのmicroSDカードが付属しているのもポイントが高いです。

 
3位:ドライブレコーダー 前後カメラ 【最新 32Gカード付き】 1080PフルHD 1800万画素
4.0

6,000円以下とお手頃価格がポイントの、前後録画が出来るドライブレコーダーです。

前後録画のドライブレコーダーを検討されている方で、テスト導入する場合は、こちらのドライブレコーダーをおすすめします。

6,000円以下の値段ですが、32GBのSDカード付きで、フルHD1800万画素録画、170度の広角レンズでしっかりと状況を捉え、ナンバープレートなど細部の情報もはっきり記録することができます。

吸盤式なので、フロントガラスに装着してケーブルをシガーソケットに接続するだけで取り付け完了します。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4.0

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

高密度ガラス繊維系ポリマー ブリス 80ml トライアルセット
ブリスショップ(楽天市場店)
¥ 2,268(2019/05/15 20:52時点)
 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
4.0

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法

コメント