スマートキーの電池切れでも大丈夫!?エンジンのかけ方を教えます

最近の車には、みんなついてるスマートキー。

ポケットに入れておけば、ドアロックやエンジンスタートもボタン1つでできます。

鍵穴に突っ込んで回さなくてもいいので、車に傷もつきにくい。

いいことだらけ、一度使うと手放せなくなってしまいます。

そんなスマートキーの唯一の弱点があります。

電池切れです。

当然、数カ月程度で切れることはありませんが、何年か使っていると突然やってくるのです。

スペアキーがあればいいじゃんと思うかもしれませんが、スペアキーというくらいですから、落とした時や壊れた時のために家に保管している、という人が多いはずです。

二つとも常に持ち歩いているという人はよほどの変わり者です。

今回はスマートキーの電池切れの時に役立つ、意外と知られていない方法をご紹介します。

すでに電池切れの経験がある人、これから遭遇するかもしれない人も参考にしてください。

スポンサーリンク

 スマートキーの電池が切れると

スマートキーの電池が切れると、まずドアロックの開閉を自動で行えず、キーレス機能でエンジンがかからなくなります。

一番最悪なのが、車に乗っているときに電池が切れた場合です。

エンジン停止時に、自動的に鍵がかかってしまい、車から出られなくなったというケースも珍しくありません。

スマートキーの中に非常用の鍵が入っているものなら、電子キーの機能を使わずに鍵を直接挿して解錠しエンジンをかけられます。

しかし、電子キーと鍵が別々になっているケースもあるので、電池を切らさないことが一番です。

スポンサーリンク

スマートーキーが電池切れでもエンジンをかける方法

エマージェンシーキーを取り出す

運転席のドアを解錠する

エンジンを掛ける為にブレーキベダルを踏みます

スマートキーのメーカーマークのついている面でパワースイッチに触れます

パワースイッチを押します

このように電池が切れても、パワースイッチにスマートキーを当てるだけで、エンジンをかけることができるのです。

誰でもできるスマートキーの電池交換

エマージェンシーキーを取り出す

隙間にマイナスドライバーを差し込み開く

この際ドライバーの先にセロハンテープなどを貼っておくと傷が付きません。

電池を交換する

電池を交換したら、逆の手順で元に戻してください。

最後に

スマートキーが電池切れの時エンジンをかける方法をご紹介しました。

各メーカーによって操作方法が違う場合がありますのでご注意ください。

しかし、どのメーカーにも「もしもの時」をバックアップしてくれる機能がきちんと装備されいます。

説明書を見ずに使って覚える派の方は、意外に知らない人が多いそうです。

ぜひ覚えておいてください。

最後まで読んでいただき誠に有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめドライブレコーダーTOP3

1位:APEMAN ドライブレコーダー 1080P Full HD 1200万画素 3.0インチ液晶
4.5

Amazonベストセラー1位になったこともあるドライブレコーダーの定番アイテム!

画素数200万画素でフルHDのドライブレコーダーです。

HDRとWDR機能を搭載しているため白飛びや黒つぶれ、逆光にも強い一台。

昼だけでなく夜も鮮明に記録することが可能です。

170度の広角レンズのため、5車線幅の道路でも死角なし。

また、振動を感じると自動的に電源が入り、30秒間録画してくれるので車から離れている時でも安心です。

そして、なんと言っても価格が4,000円を切るので、初めてのドライブレコーダーを購入する場合などにおすすめです。

2位:コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015 前後200万画素 SDHCカード16GB付
4.0

前方だけではなく、後方も録画できるドライブレコーダーです。

前方だけの録画では不安な時代となっていますので、前後ともに録画できるドライレコーダーであれば、コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015をおすすめします。

前後ともにフルHD200万画素で録画、当然LED信号機にも対応しています。

そして、コムテックは国内最大手のドライブレコーダー製造メーカーなので、保証も安心です。

録画機能以外にも、安全運転支援機能やSDカードが破損している場合に知らせてくれる機能など、安全にドライブを楽しむためのポイントを多く取り入れています。

16GBのmicroSDカードが付属しているのもポイントが高いです。

3位:ドライブレコーダー 前後カメラ 【最新 32Gカード付き】 1080PフルHD 1800万画素
4.0

6,000円以下とお手頃価格がポイントの、前後録画が出来るドライブレコーダーです。

前後録画のドライブレコーダーを検討されている方で、テスト導入する場合は、こちらのドライブレコーダーをおすすめします。

6,000円以下の値段ですが、32GBのSDカード付きで、フルHD1800万画素録画、170度の広角レンズでしっかりと状況を捉え、ナンバープレートなど細部の情報もはっきり記録することができます。

吸盤式なので、フロントガラスに装着してケーブルをシガーソケットに接続するだけで取り付け完了します。


Warning: First parameter must either be an object or the name of an existing class in /home/matuo555/sellacar00.net/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 148

Warning: First parameter must either be an object or the name of an existing class in /home/matuo555/sellacar00.net/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 155

おすすめコーティングTOP3

1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON)
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4.0

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
4.0

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

自動車の役立つ知識
8割の人が知らない車の役立つ知識

コメント