車のエンブレムには意味があった!ロゴマークに隠された意味を知っているか!?

普段、何気なく走っている車を見ていると、ロゴマークが目に入ってくると思います。

そのロゴマークについて、意味を知らない方は多いのではないでしょうか。

今回は自動車メーカーのエンブレム・ロゴマークの由来や意味を紹介していきます。

トヨタ

トヨタは、創業当時、実はトヨタではなく、創業者の「豊田(トヨダ)佐吉」氏からとって、ロゴマークや刻印も「TOYODA」となっていました。

エンブレムも「豊田」を使用していました。

その後、一般公募で「TOYOTA」のロゴが採用され、現在に至ります。

トヨタのエンブレムは、3つの楕円で構成されています。

2つの楕円は、お客様の心とトヨタの心を表現しています。

大きな楕円は、お客様の心とトヨタの心を繋ぐ世界を表しています。

また、縦横に交わった楕円は、「TOYOTA」の「T」や、ステアリングホイールを表しており、自動車そのものを意味しています。

マツダ

マツダは、1927年以来、「東洋工業株式会社」が正式社名でした。

1984年にブランド名に合わせて、「マツダ株式会社」へ改名されました。

マツダの会社名は、創業者の松田重次郎の苗字以外に、「アフラ・マズダー」というゾロアスター教の最高神から名付けられました。

現在のマツダのエンブレムは1997年に制定され、「自らをたゆまず改革し続けることによって、力強く止まることなく発展していく」という決意を未来に向けて羽ばたく「MAZDA」の「M」の形に象徴されています。

日産

日産のエンブレムは、日産の前身メーカーだった「DATSUN」のものを受け継いでおり、太陽をモチーフにした赤い日の丸の中に、天空をモチーフにしたコバルトブルーをあしらったものです。

前身の「DATSUN」の由来は、創立メンバーである田健治郎の「D」、青山禄郎の「A」、竹内明太の「T」と、それおぞれの頭文字を取って、早く走る例えに使われる「脱兎」をかけて「脱兎号(DAT CAR)」をイメージしたとのことです。

2001年に現在の日産のエンブレムになりました。

創業当時のエンブレムの基本デザインを踏襲し、創業者の鮎川義助の精神である「至誠天日を貫く」を表しています。

ダイハツ

ダイハツ工業株式会社の本社は、大阪池田市に所在しております。

明治の頃、大阪の学校の校長らが「発電機製造」を設立してエンジンの開発を始め、大阪の発電機製造を短くして「大発」になり、そして「ダイハツ」になったようです。

「ダイハツ」は、トヨタ自動車の完全子会社です。

エンブレムはダイハツ「DAIHATSU」の頭文字「D」をデザインしたものが描かれています。

スズキ

スズキの象徴であるロゴマークは、1958年に美術系の大学生に呼び掛けて募集を行いました。

300余点の候補の中から、創業者の鈴木氏の「SUZUKI」の「S」を象ったマークが親しみやすいという理由で決定されました。

それ以来、スズキは60年以上ずっと、「SUZUKI」の「S」マークを使用し続けています。

いわば、スズキの伝統マークと言えるでしょう。

三菱自動車

三菱といえば、おなじみ「スリーダイヤ」のマークです。

旧三菱財閥の流れを組む三菱グループおよび、関連会社で使用されており、三菱自動車も当然「スリーダイヤ」ロゴを採用しています。

スバル

スバルのエンブレムのシンボルマークの星は、昴の六連星をかたどったものです。

昴の六連星は、元来、プレアデス星団の意味します。

富士重工業は、6つの会社が合併して出来た会社であり、六連星は、6社の合併で誕生したことを表しています。

ホンダ

ホンダの創業者である本田宗一郎は、経営者、技術者として日本に多くの貢献を遺しました。

当然、社名やエンブレムのシンプルな「H」の文字も、偉大な創業者である本田宗一郎の姓から取られています。

各自動車メーカーとも、エンブレムには独自の思いが込められています。

エンブレムの意味を理解すると、自分が乗っている車への想い入れも変わってくるかもしれませんね。

おすすめドライブレコーダーTOP3

 
1位:APEMAN ドライブレコーダー 1080P Full HD 1200万画素 3.0インチ液晶
4.5

Amazonベストセラー1位になったこともあるドライブレコーダーの定番アイテム!

画素数200万画素でフルHDのドライブレコーダーです。

HDRとWDR機能を搭載しているため白飛びや黒つぶれ、逆光にも強い一台。

昼だけでなく夜も鮮明に記録することが可能です。

170度の広角レンズのため、5車線幅の道路でも死角なし。

また、振動を感じると自動的に電源が入り、30秒間録画してくれるので車から離れている時でも安心です。

そして、なんと言っても価格が4,000円を切るので、初めてのドライブレコーダーを購入する場合などにおすすめです。

 

 
2位:コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015 前後200万画素 SDHCカード16GB付
4.0

前方だけではなく、後方も録画できるドライブレコーダーです。

前方だけの録画では不安な時代となっていますので、前後ともに録画できるドライレコーダーであれば、コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015をおすすめします。

前後ともにフルHD200万画素で録画、当然LED信号機にも対応しています。

そして、コムテックは国内最大手のドライブレコーダー製造メーカーなので、保証も安心です。

録画機能以外にも、安全運転支援機能やSDカードが破損している場合に知らせてくれる機能など、安全にドライブを楽しむためのポイントを多く取り入れています。

16GBのmicroSDカードが付属しているのもポイントが高いです。

 
3位:ドライブレコーダー 前後カメラ 【最新 32Gカード付き】 1080PフルHD 1800万画素
4.0

6,000円以下とお手頃価格がポイントの、前後録画が出来るドライブレコーダーです。

前後録画のドライブレコーダーを検討されている方で、テスト導入する場合は、こちらのドライブレコーダーをおすすめします。

6,000円以下の値段ですが、32GBのSDカード付きで、フルHD1800万画素録画、170度の広角レンズでしっかりと状況を捉え、ナンバープレートなど細部の情報もはっきり記録することができます。

吸盤式なので、フロントガラスに装着してケーブルをシガーソケットに接続するだけで取り付け完了します。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4.0

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

高密度ガラス繊維系ポリマー ブリス 80ml トライアルセット
ブリスショップ(楽天市場店)
¥ 2,268(2019/05/15 20:52時点)
 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
4.0

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法

コメント