白い車が世界一売れる理由:高く売れるは本当か!?事実を解説します

車のボディーカラーで白は人気の色ですよね。

実は世界でもトップの人気カラーは白なのです。

国内の塗料業界の人気色調べでは、世界での人気カラートップ3で「1位:白(37%)」「2位:黒(18%)」「3位タイ:グレー・シルバー(11%)」となっています。

日本のトップ3は「1位:白(34%)」「2位:黒(22%)」「3位:シルバー(13%)」となっています。

日本も海外と同じ色が人気色となっている事が分かります。

それでは、今回は、なぜ白い車が売れるのか、その理由を説明したいと思います。

また、白い車の方が高く売ることが出来るなんて聞いたことないでしょうか。

そんな、白い車にまつわる噂の真相についても解説しますので、是非読んでみてください。

傷が目立ちにくい

車の塗装の劣化の原因として、直射日光が挙げられます。

白は、直射日光による塗装の変化が他の色より少なく、塗装自体が長持ちするのです。

しかも、白の塗装は一番強度があるため、傷がつきにくく、傷がついても目立たないのも利点の一つです。

温度の安定感

車の表面温度の上昇がわかりやすいのが夏です。

黒い自動車のボディは、温度を吸収する特性があるため、夏の時期は最大20度以上も高くなります。

一方で、白やシルバー など光を反射しやすい色の車は、黒の車ほど温度に変化がありません。

最近の車は断熱技術が向上していますので、室内温度については、白いボディーと黒いボディーを比べても大きな違いはないようです。

視認性が良く事故率が低い

黒などの暗い色の車は、目の錯覚によって、実際の大きさよりも小さく見えてしまいます。

すると、相手の運転手は距離感をうまくつかめず、追突や割り込みなどの接触事故につながる可能性が高くなります。

白い車は視覚的効果により、膨張して見えるため、車体が大きく見えます。

ですので、夜になっても目立つため、気づかれずにぶつけられることも少ないのです。

そのため、他車からの視認性が良いボディカラーは、比較的事故に合う危険性が低くなります。

売りに出す時に価格が高くなる

車の買い取り価格は、ボディーカラーによって大きく変わってきます。

定番の白と黒は1番の高値で査定されます。

日本で最も人気のある白は、流行に左右されないので、需要が高く中古として売れる確率が高くなります。

特に高級車は査定額が色によって変わ、50万以上査定額が変わる事も珍しくありません。

今のクルマを手放すときに1万円でも高く売りたいと思う方へ」で、愛車を高く売る記事を書いています。

白い車のデメリット

白い車のデメリットとしては、水垢が目立ってしまう事があげられます。

車体に残る効果の切れたワックスと水が混じることで、水垢となります。

ドアやサイドミラーの下に入る黒い縦筋も水垢によるものです。

車体にワックスを塗布してから時間が経ち、撥水効果がなくなったワックスは劣化していき、空気中の油分やばい煙を含んだ雨水と混ざることで、汚れを吸着してしまいます。

放置している間に水分だけが蒸発して、汚れを吸着した油分だけだ残り、黒い水垢となるのです。

ワックスの撥水効果は、だいたい10日が目安です。

それを過ぎると水垢の原因になってしまうので注意が必要です。

私的コーティング剤TOP5(ホワイト系ボディー編)」で、白いボディーカラーに対するオススメのコーディング剤の記事を書いています。

最後に

いかがでしたでしょうか。

自動車の人気色は時代によって変わっていきます。

グリーンやイエロー系が人気だった時代もありました。

また、昔は綺麗なホワイト塗装ができなかったため、白い車といっても真っ白ではなく、どうしても黄ばんだ色に見えていた時代もあります。

塗装の技術の進歩により、鮮やかなホワイト塗装が可能となり、今では人気のボディーカラーになりました。

しかし、自分が一番好きな色の車に乗ることが一番だと思います。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

自動車の役立つ知識車を高く売る
8割の人が知らない、車を高く売る方法