車買取専門店は間違いなく怪しい業種

中古車買取専門店は何故怪しいのか

愛車を売却される場合の方法としては、下記の二通りとなると思います。

  • ディーラーで下取りしてもらう
  • 中古車買取専門店に買い取ってもらう

その中で、中古車買取専門店は間違いなく怪しい業種です。

中古車業界の方なら誰しもが知っている事実ですが、業界のタブー扱いされているため公にされる事は殆どありません。

そもそも中古車買取専門店のビジネスモデルをご存知でしょうか。

中古車買取専門店のビジネスモデル

中古車買取専門店は、どうやって利益を出すビジネスとなっているかご存知でしょうか。

愛車を買い取った後、大きく分けて2つの方法で買取した車を中古車市場へ流通させます。

  • 自社で販売する
  • 中古車市場のオークションへ出品する

自社で販売するルートを盛っている買取専門店であれば、全体の2割弱を自社で中古車販売する事になります。

自社での販売ルートを持っていない買取専門店は、ほぼ買い取った中古車を中古車市場のオークションへ出品します。

また、自社販売ルートを盛っている買取専門店でも8割以上は、中古車市場のオークションへ出品する事になります。

中古車買取専門店の利益構造

中古車買取専門店の利益構造は、買い取った中古車の価格とオークションでの売却価格の差が利益となるビジネスモデルです。

買取価格が100万で、中古車オークションへ出品し130万で売却出来た場合、30万が買取専門店の利益となります。

買取専門店が利益を出すには、買取価格を安くする事に掛かっている事になります。

  • 何処よりも高く買い取ります
  • 期間限定○○%買取価格UPキャンペーン中
  • 今日中に売却を決めて頂ければ、この見積もり価格で売却可能です

ほとんどが買取専門店が有利ば売却価格となるセールストークです。

中古車市場のオークションで売却される金額は決まっているので、買取額を安くする以外利益を出すことができません。

どの業者も買取した車の売り先はオークションであり、このオークションの相場が絶対的な売値の相場となるります。

その為、中古車買取専門店が高価買取が出来る訳がありません。

買取専門店の社員教育

買取先も点の従業員が社内で教育されるスキルは、中古車の査定スキルではありません。

買取専門店では、車の査定評価スキルの教育ではなく別の教育が行われます。

  • 見積もり金額から現地査定時に見積もり金額を下げる為の減点査定方法
  • 初回見積もり提示は、どこよりも高額に提示し現地査定のアポイントを獲得する
  • 初回見積もり金額を高く提示し、値下げするためのロールプレイング
  • 基本的に現地査定に来ても修復歴が有るかは確認できるスキルは持っていない

見積もり価格から値下げするスキルは教育されていますが、査定スキルや評価スリルは教育されていない素人です。

まとめ

  • 中古車買取専門店は、安く買い取る事で利益を出すビジネスモデルである
  • 中古車市場のオークションに出品して落札価格と買取価格の差額が利益となる
  • オークションの落札価格は決まっているので、どの買取専門店も買取価格の限界価格は同じ
  • 買取専門店の社員は、査定のプロではなく値下げ交渉のプロである
  • 買取専門店が最初に提示した見積もり金額で売却出来ることは無い、必ず値下げされる
  •  

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

よくある質問中古車市場の闇売却選択肢
8割の人が知らない、車を高く売る方法