愛車を高く売却できる理由

中古車の流通

あなたがお車をディーラーへ下取りに出したり、

買取業者に買い取ってもらったとします。

この時、ディーラーは、自らの店舗または同グループの店舗で管理し、

中古車として売りに出すケースもあります。

しかし、そんなに簡単には売れません。

売れると思って仕入れた車ではなく、

お客様の都合で持ち込まれた車だからです。

一定期間をこえて売れ残ってくると、価格も下がり、

その状態で買取業者に引き取ってもらうことになります。

ディーラーで下取りされた車や、買取業者が買い取った車のほとんどは、

オートオークションと呼ばれる中古車専門のオークションにかけられます。

しかも、自社で中古車として売る車もオークションで競り落としたりします。

自社で引き取る中古車の数とは比べ物にならない数の車がオークション会場には毎週入庫されます。

毎週15000台もの車が売買されています。

そこから車を探した方が、手っ取り早く売れそうな(利益の出そうな)車を見つけられるからです。

もちろん中古車販売業者は、このオートオークションから

車を仕入れて、販売しています。

同じ車の価格が変動する仕組み

あなたが車を手放してから、次のユーザーの元へ渡るまでに

あなたの車には、3つの価格がつきます。

  • ディーラーでの下取り価格または買取業者での買取価格

一般的には「下取り価格」<「買取価格」と言われています。

  • オートオークション価格

オートオークションで競り落とされた価格です。

  • 小売店販売価格

中古車として販売される価格です。

3つの価格の違いは、下の図を見ていただけると分かりやすいと思います。

具体的な価格も例として入れてあります。

青色部分が車体価格でオレンジ色の部分の価格は消費税(8%)です。

オートオークションの場合は、出品者に対し消費税も支払われるので、

この場合出品者には、1,944,000円が支払われることになります。

オートオークション価格との差額が、ディーラーや買取業者の利益となり、

小売販売価格とオートオークション価格の差額が、中古車販売業者の利益となります。

全ての車で同様の利益が出るとは言えませんが、

車の状態も良く、人気のある車種などでしたら、更に大きな利益を得ているケースもあります。

中古車事業組合のサポート

中古車の動きや価格の変動についてはご理解いただけかと思います。

中古車事業組合が、どのようなサポートを行って、あなたの車を高く売るのか

その方法は、何のトリックもないと言った通り、単純明快です。

中古車事業組合があなたのお車をオートオークションへ出品します!

どの程度高く売れるのか、確認してみましょう。

上記の図では、「下取り価格」は「160万」となっています。
「オークション価格」は「194万」となっています。
車体価格でオレンジ色の部分の価格は消費税(8%)です。
オートオークションの場合は、出品者に対し消費税も支払われるので

「青」と「オレンジ」の合計が出品者に支払われます。
出品するだけで、8%高く売れるとも言えます。

ディーラーで下取りをした場合とオークションで売却した場合では、どのくらいの価格差になるんでしょうか。
「オークション価格」 - 「下取り価格」 = 「価格差」で計算出来ます。

「194万」 - 「160万」 = 「34万」

結果は、ディーラーで売却するよりも34万円も高く売ることが出来ます。

日本全国で対応出来ます

中古車事業組合は、日本全国から加盟店が集まっており、日本全国対応できます。

あなたに最大限の還元を行うため、莫大な経費をかけての集客は出来ませんが、

日本全国にいる組合員全てが営業マンとなっています。

あなたが日本のどこに住んでいようと、

店舗へ出掛けたり、オークション会場へ出掛けなくても

我々中古車事業組合が、必要な作業を全て行い、

あなたのお車をオートオークションへ出品させていただきます。

正直にお伝えします

オークションへ出品する為には、経費は掛かります。

  • オークション出品手数料
  • オークション成約時の手数料
  • オークション会場へ車を運ぶ陸送費
  • オークション出品代行する手続きに掛かる手数料

しかし、お見積りでお伝えする金額は、

それら経費を全て差し引いた金額をお伝えしますので、

お見積り依頼から、オークション成約後まで、

あなたは1円足りとも、お金を支払う必要はありません。

 

だったら、こんな事言わなければいいのに・・・。

言う必要が分からない・・・。

経費については、お伝えする必要の無い情報かもしれません。

しかし、全てを正直にお伝えする事、全てオープンにする事が

このビジネスで一番重要な信頼関係へ繋がると思っております。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

売却選択肢
8割の人が知らない、車を高く売る方法