トヨタランドクルーザーが下取り価格よりも50万円以上高く売ることが出来ました

ランクルが50万円以上高く売れました

先日問い合わせを頂き、オークションで売却する事となったトヨタのランドクルーザープラドが、下取り価格よりも50万円以上高く売れました。

オークション売却の破壊力が爆発した感じですね。

下取りの標準価格は、¥2,750,000でしたが

オークションへの出品で¥3,300,000で売却する事が出来ました。

差額は、驚きの55万円となります。

オークションを使わずに売却した場合、55万円を単純に損失している事になります。

ボーナスの手取り金額に近いのではないでしょうか。

ボーナスが更に1回多いと想像すると、オークションで売却しなかった場合かなり大きな機会損失とイメージし易いのではないでしょうか。

55万円が臨時収入と捉えた場合、この時期だと子供へのクリスマスプレゼントを豪華にしたりする事も出来ます。

また、子供の将来に対する投資や教育に回すことも可能となります。

今後の買い替えもオークションで売却した場合の差額を予想すると

今後も同様に車を購入し売却が発生すると思います。

その度に、55万円の差額が発生した場合を想像してみてください。

例えば、将来4回の買い替えが発生したと計算します。

55万円 × 4回 = 220万円

220万円の差額が発生する事になります。

今後の人生で220万円の差が発生すると人生設計に影響が出て来る金額です。

人生を豊かにする為にも車の売却・買い換える場合、オークションで売却する事を絶対におすすめいたします。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

売却実績売却選択肢
8割の人が知らない、車を高く売る方法