走行距離が少なすぎる中古車が危険な理由

中古車選びの際、好みの車種を手に入れたいのはもちろんですが、気になるのは車の状態ですよね!?

走行距離は車両の状態を知る上で重要な目安ですが、極端に走行距離の少ない車は大丈夫なのでしょうか!?

そこで今回は、走行距離が少なすぎる中古車の注意点について解説していきます。

中古車販売店で、走行距離が少なく掘り出しものだと思って飛びつく前に、この記事を読んでから再考してみましょう。

前オーナーが「ちょい乗り」しかしていなかった

前のオーナーが、近所での買い物や、通勤通学の送り迎えなどでしか車を使用していない場合、年間の走行距離が1,000〜3,000キロ程度しか走らない車もあります。

一度の運転で走行距離があまりに短い場合、エンジンオイルが十分に温まる前にエンジンを停止している可能性があります。

そのため、エンジンの始動を繰り返すことで、寿命を縮めたり、不具合を起こしたりする原因にもなるのです。

また、こういった車の場合、エンジンオイルの交換も定期的に行われていないかもしれません。

試乗車に使用されていた

販売されている中古車が、ディーラーなどで試乗車として使用されていた場合もあります。

市場は運転する距離が短く、そういった走行を繰り返すことで、エンジンには通常以上に負荷がかかっている可能性があります。

また、走行距離が少ないということで、ボディや内装に傷や汚れがあるのに、価格が高いというケースも見受けられるます。

ディーラーでは、自社の車を気に入って購入してほしいと考えますから、メンテマウスもきちんと行なっているはずですが、一部には試乗車の管理がずさんなケースもあります。

使用せずに放置されていた

年式が古い割に走行距離が少ない場合、放置されていた期間が長い可能性があります。

  • 外国への長期出張で乗る機会がなかった
  • 車検切れになった後、放置されていた
  • 事故後の交渉でトラブルになり、修理もされずに工場に預けっぱなしだった
  • 中古車販売店で、何年も売れずに残っていた
  • 単純に乗る機会がないまま、自宅の駐車場に放置されていた

このように、長期間にわたって使用されずに放置されていた事情はさまざまです。

理由はどうあれ、放置されていた車は、メンテナンスが行われていない可能性が高いです。

車の状態を決めるのは、定期的なメンテナンスを行ってきたかが重要になります。

走行距離が少なくても、必ずしも状態が良いとは限らないので、注意が必要です。

走行メーターが改ざんされている

悪質な例として挙げられるのが、実際の走行距離より少なく見せるために行われる「走行メーターの偽装」です。

これまで取り上げた3つの理由とは異なり、メーター戻しはれっきとした犯罪に当たります。

走行メーターの大半がアナログ式だった時代には、車内から取り外して巻き戻すテクニックはさほど難しくなく、一部の悪質な業者では行われていました。

今ではデジタル式が多くなったため、走行メーターの偽装は減ったと言われています。

しかし、実際には走行メーカーの点検を口実として、修理に用いられる専用機器を悪用して、改ざんする手口もあるので注意が必要です。

最後に

いかがでしたでしょうか。

走行距離が少なすぎる中古車が危険な理由について解説しました。

走行距離が少なくても、メンテナンスを定期的にしっかりとされていれば問題はありません。

むしろラッキーな掘り出し物と言っていいですが、そのような中古車を見つけるのは、なかなか難しいのが実情です。

極端に走行距離が少ない中古車を見つけた場合、その理由を販売店に尋ねてみてください。

誠実な対応をしてくれる店舗であれば、納得の行く説明を受けられるでしょう。

説明が曖昧な中古車販売店の場合は、購入を避けたほうが良いかもしれません。

最後まで読んで頂き、誠に有難うございました。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

中古車市場の闇自動車の役立つ知識車を高く売る
8割の人が知らない、車を高く売る方法