秘密を暴露され怒り狂うディーラー

販売店(ディーラー)の秘密を暴露したら

販売店(ディーラー)の下取り価格が安い理由
販売店(ディーラー)のビジネスモデル 販売店(ディーラー)の下取り価格が何故安いかを説明する前に、販売店(ディーラー)のビジネスモデルを説明したいと思います。 販売店(ディーラー)のビジネスモデルは、販売する新車を売る事で利益を得る...

先日、こちらの記事を投稿したところ、秘密を暴露され怒り狂ったディーラーからコメントを頂きましたので紹介したいと思います。

業界のタブーを暴露されると利権に関わるため、ディーラー側が必死に否定しようとするのが分かります。

しかし、こちらは事実をそのまま伝えているため、ディーラー側は否定することが出来ず、関係無い話題をしたり、感情的になりこちらを誹謗するだけとなりました。

結局、こちらを否定する根拠は一切示される事はありませんでした。

ディーラーとのやり取りをキャプチャしましたので、是非とも顛末を御覧ください。

ファースト・コンタクトです。

ディーラーの方が、下取りで損をする事があるとのコメントをされたので、損となる取引の説明を求めました。

何故か感情的となり、そして求めていた説明とは違う事をコメントされます。

こちらは、改めて下取りで損となる説明を求めました。

ディーラーの方は、依然として下取りで損となる取引については説明されず、別の事をコメントされ続けます。

その為、再度下取りで損をする説明を求めました。

恐らく、下取りで損をする説明が出来なんのだと思います。

オークションに流すしかないから損をするとの説明ですが、よく分かりません。

オークションに流す事で損になる事が繋がりません。

買取店が突如登場します。

このコメントは、ディーラーが下取りで損をするのは、買取店の価格で下取りをする場合と解釈しました。

買取店もオークションに流すので、買取店と同じ価格で買取して損になる事はありません。

何故、買取店と同じ価格で損となるか理屈が合いません。

買取店は、オークションに流さず自社販売するとの思い切った説明をしてきます。

ディーラーは、保証を付けられない車だとオークションに流すとの事なので、買取店は保証を付けづに現状渡しで販売しているか聞いてみました。

そして何故か、ブログ記事を読まれてコメントされている方が、こちらに持論を求めて来ます。

ディーラーの方から、バカと呼ばれてしまいます。

そして、何を説明をされているか理解が出来ません。

改めて、買取店が自主販売すると利益が出る持論?を聞いてみます。

また、何の説明をされているか分からない状態となりました。

恐らく説明できないので、違う話しをしているのではないかと思います。

再度同じ質問をして、説明を求めました。

ディーラーの方から再度バカと呼ばれてしまいます。

買取店がオークションで赤字となる価格で車を買い取りし、自主販売して利益を出しているとの絶対にあり得ない説明をされます。

そして、例として説明されていますが、10万円で下取りした車が、オークションに出品して9万円で落札された場合、1万円の損となる衝撃的な説明をされます。

ディーラーの方が言っているオークションは、ヤフーオークションでしょうか。

中古車市場のオークションの仕組みを全く理解されていない素人だと分かります。

ディーラーの方は、こちらを誹謗する以外出来ない状態となりました。

何と繋がる話なのか全く分かりません。

違う話に持っていきたいのかもしれませんが、もう無理ですね。

バカ等のコメントが正論なのでしょうか。

こちらは一切ふざけること無く、ディーラーが下取りで損をする説明を求めていたつもりです。

結局ディーラーはブログ記事を否定するが、否定に対する説明は出来ない事が分かりました。

何故なら全て事実だからです。

 

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

中古車市場の闇
8割の人が知らない、車を高く売る方法