相場価格より安い中古車には訳がある!購入すると危険な中古車の見分け方を教えます

中古車を探していて、相場よりだいぶ安い車を発見したことはないでしょうか!?

思わぬ掘り出し物だと喜んだのもつかの間、なぜそんなに安いのかと気になると思います。

単に価格が安いと言うだけで購入してしまうと、後々後悔してしまうかもしれません。

そこで今回は、相場価格よりも安く販売されている中古車の理由について説明したいと思います。

これから中古車の購入を検討されている方や、すでに相場よりも安く販売されている中古車を見つけている方は、是非この記事を参考にして頂ければと思います。

修復歴車(事故車)

まず、誰しもが思いつくのは、「事故車」です。

おそらく、中古車が安くなる最も多い理由でしょう。

中古車販売店は、通常業者向けのオークションで中古車を仕入れます。

落札価格は、修復歴があるか否かで大幅に変わってくるのです。

なぜなら、中古車ユーザーの多くは修復歴のある車を避ける傾向があるので、販売価格を安くしないと売れません。

車を修理した部分は、詳しくない人には判別は難しいため、中には修復歴を隠して販売する悪徳な業者もいるのです。

事故車を見分ける目安としては、フェンダーを固定しているネジを外した跡がないか、ボンネットを開けて確認するのも一つのポイントとなります。

元レンタカーだった車(レンタアップ)

レンタカーとして使用されていた車が安く中古車として売られる理由は、使われ方を思い浮かべると分かると思います。

レンタカー利用者の中には、マイカーではないからと車を乱暴に扱う人もいます。

また、事故などでキズが生じても、丁寧に修理されているとは限りません。

レンタカーといえば、ナンバープレートに使われているのは「わ」ナンバーとなりますが、名義変更をしてナンバーが変わってしまえば、レンターアップ車だった経歴はわかりづらくなってしまいます。

そのため、故意に名義変更を行い中古車として販売されている事も少なくないのです。

並行輸入車

並行輸入車とは、海外で販売された車を輸入してきたものです。

新車並行の場合は、海外で新車販売されたものを輸入しているので、品質は安心できます。

しかし、中古並行の場合は、車自体の履歴を明確に確認できないものが多いです。

特に、実走行距離は表示通りとは限らないことが多く、オドメーターが改ざんされている事も多々あります。

さらに、日本語の取扱説明書が付いていない事がほとんどです。

また、アフターサービスであるディーラー整備が受けられないという欠点もあって、並行輸入車の相場は安くなっているのです。

並行輸入車の見分け方としては、車台番号をチェックしてください。

通常は、ページと数字の組み合わせで表されている車台番号ですが、並行輸入車の場合は国内に持ち込まれた港を表す漢字が含まれています。

また、ベンツなどではナンバーの取り付け位置が、海外の細長いタイプのプレートに合わせたままになっているのも並行輸入車の特徴です。

水害車(冠水車)

水害車(冠水車)大雨や台風などで、浸水被害があった冠水してしまった車です。

購入希望者の多くが、その車が「事故車」かどうかを気にされますが、水害車(冠水車)かどうかは気にされていない方がほとんどです。

水害車(冠水車)かどうかを気にしないと言うより、水害車(冠水車)が販売されている事を知らないのだと思います。

また、事故車ではありませんので、購入者に対し説明する義務もありません。

浸水した車を見分けるは、次のようなポイントが挙げられます。

  • ニオイ
  • エンジンルーム内のサビ
  • カーペットの下に砂がある
  • シートベルトに水に浸かって出来た浸水跡がある

ひょう(雹)害車

ひょう(雹)害車とは、ひょう(雹)が降った際にできる小さな凹みが、おもに車の屋根やボンネットに多数生じた車です。

ひょう害にあった車も浸水した車の場合と同様に、事故車とはみなされないので、購入者への説明義務はありません。

屋根やボンネットに凹んだ跡が残っていれば見分けがつきますが、購入者の目に留まりやすいボンネットだけ直しているケースもあって、素人では意外と判別が出来ません。

全塗装車

中古車でも車体のカラーは白や黒に人気が集まるので、白や黒の車は相場も高くなります。

そのため、不人気だった色の車を白や黒に塗装し直して販売される中古車もあるのです。

塗装の品質に問題が無ければ、色が変えられているだけで安く買えるのでお得に感じるかもしれません。

しかし、下手くそな塗装となっているケースもあるので、注意が必要となります。

最後に

如何でしたでしょうか。

中古車が相場より安くなっている場合は、やはりそれなりの理由があるのが分かると思います。

相場よりも安く販売されている中古車を購入する際には、安くなっている理由、つまりその車の欠点をよく理解して車を選ぶようにしましょう。

購入した後に後悔することが無いよう、慎重に確認する事をオススメします。

最後まで読んで頂き、誠に有難うございました。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

中古車市場の闇自動車の役立つ知識車を高く売る
8割の人が知らない、車を高く売る方法