スポンサーリンク

5つの悪質な車の窃盗方法:タイヤにペットボトルが挟まっていたら狙われてる証拠

日本で1年間に車の窃盗件数が、なんと1万件以上起こっているのを知っていますか!?

「私の車は安いし古いから大丈夫!」と考える人もいるかもしれませんが、パーツや荷物を盗まれたり、乗り捨てされるケースも報告されています。

今回は、そんな悪質な車の窃盗方法を5つ紹介したいと思います。

もしかすると、既にあなたの愛車が窃盗団に狙われている可能性があります。

紹介する手口を確認して頂き、予防や防止に役立てて頂けたらと思います。

スポンサーリンク

ドアのハンドルにコインを挟む

アメリカでよく行われている変わった車窃盗の手口が、ガソリンスタンドなどで持ち主が車を離れているすきに、ドアのハンドルにコインを挟むというものです。

これは単なるゲン担ぎではありません。

実は、一部の車のドアのハンドル部分に異物を差し込むと、ドアロックがかからなくなってしまうという誤作動が生じるのです。

あとは、コインを差し込んだままドアを閉めて車を尾行し、運転手が車を離れた隙に、コインを差し込んであるドアを開けて、悠々と盗みを働くことができます。

ペットボトルを挟む

車の窃盗は、何も高度な手口だけではなく、人間の心理を突いた些細な方法でも行われます。

メキシコで広まっている方法が実に単純で、車のタイヤと車体の間にペットボトルを挟むだけです。

駐車した車を動かそうとすれば、ペットボトルが擦れて、バリバリっと異音が発生します。

そんな異音が発生してしまうと、一体何が起こったのかとパニックになり車外に飛び出したら最後、それを狙っていた泥棒に車中の大事なもの、もしくは、車そのものを盗まれてしまうんです。

スポンサーリンク

車内を清潔に保つ

窃盗犯は何も、手当たり次第に車に手をつけているわけではありません。

基本的に、金目の物が無い車を狙うというのはリスクしかないので、社内を見て金目の物が置いてないかを確認します。

例えば、Macbook、プラダのバック、金の延べ棒、10カラットのダイヤ等です。

そのため、基本的にはカーナビなどの電子機器や、バッグなどを車に置いて行く際は、出したまませず、毛布などをかぶせた状態で車を離れるようにしましょう。

また、もうひとつ大事なのが、車載カメラ、つまり、ドライブレコーダーを設置しておくことです。

事故の際の状況把握に使えるだけでなく、窃盗犯にとっても、この車に手を出せば足がつく可能性があることを警告することができます。

ドライブレコーダーを付けないと危険な理由:最強のドラレコはコレ!」で、おすすめのドライブレコーダー記事を書いています。

ドアノブに穴

2017年2月にあるツイッターが話題になりました。

ドアノブの下に小さな穴があけられているというもので、この穴は、車の内部の様子やハンドルロックなどを確認するために開けられたものです。

十分に準備が整ったら、窃盗団は犯行に及び、すべてを持っていくというわけです。

一度、自分の愛車のドアノブあたりに、謎の穴が開いていないかチェックしてみてください。

車のドアノブに穴があったら盗難に要注意!窃盗団に狙われているマーク!!」で、さらに詳しく窃盗の手口を記事にしています。

スポンサーリンク

イモビカッター

ここまでアナログな手法をご紹介してきましたが、最近ではハイテクな手法を利用した、新たの窃盗手法も行われています。

最近のクルマによく搭載されているのが、遠隔からドアのロックを解除できるスマートキーです。

そして、スマートキーを使うために車に備わっている機能が、イモビライザー機能です。

イモビライザー機能は非常に優れもので、キーのヘッド部分にID認証用のICチップを埋め込み、そのICチップで車のIDと照合することで、ロックをかけたり、エンジンをかけたりする仕組みになります。

つまり、同じ形の鍵を複製したとしても、車のロックを解除したり、エンジンをかけたりすることは出来ない仕組みです。

そのため、イモビライザー機能により限りなく車を盗難される可能性を減らすことができます。

しかしながら、窃盗犯も黙ってはいません。

イモビライザーを攻略する手法を見つけ出したのです。

それが、イモビカッターです。

運転席付近にある整備用のコネクタに、このイモビカッターを差し込むと、IDがリセットされてしまいます。

リセット後、新たなIDを設定することで、エンジンの始動を可能にしてしまいます。

実際に、イモビカッターを使用した場合、10秒ほどで車を盗めてしまうという非常に厄介に代物です。

実際に日本でも、何件かイモビカッターを使った窃盗が起こっています。

そのため、日夜、車メーカーが対策のための研究を行っていますが、根本的な対策は難しく、いたちごっこが続いています。

 

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
犯罪自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法