釘を踏んでタイヤに刺さったら抜かないのが正解!放置した方が良い理由を説明

タイヤに刺さった釘を抜いてはいけない。

釘を踏んでタイヤに刺さった時の正しい対処法。

車の運転中、窓を開けたり、すぐ隣が壁になっている道路を走っていると、カチカチカチカチという音がすることありませんか。

降りてタイヤを見てみると、タイヤの溝に小石が挟まっていたり、釘を踏んでしまっていたというのはよくある話です。

小石であれば、取ってしまえば済むのですが、釘がグサッと刺さっているときは、安易に抜いてしまうと、重大なトラブルになってしまいます。

今回は、釘を踏んでタイヤに刺さってしまった場合の対処方法について解説していきたいと思います。

タイヤに釘が刺さる事は避けられない

いくら車やタイヤが高性能になっても、釘やネジを跳ね返すことはできません。

舗装されていない砂利道を走ったりすると、踏んでしまうことがあります。

踏んだとしても、自分の足に刺さるわけではないので、すぐには気づかないものです。

自動車教習所では、出発前には点検をするよう教わりますが、実際に点検を実施している人は少ないのではないでしょうか。

タイヤに釘が刺さった場合の正しい対処

釘を踏んでタイヤに刺さった場合、発見のきっかけとなる一番多いパターンは、走行中の異音が気になって見てみると、タイヤに釘やネジが刺さっていったというパターンです。

そして発見した際は、思わず抜いてしまいたくなりますが、実は抜くとすぐに空気が抜けてしまうので見つけても慌てずにパンク修理が出来るガソリンスタンドや、ディーラーなどに駆け込みましょう。

もしも抜いてしまって、空気が抜けた状態で走ってしまうと、タイヤ内部が圧力を失うため、ホイールに傷が付いてしまいます。

そして、パンク修理自体ができないほどボロボロになってしまいます。

そうなると数千円で済んだパンク修理が、タイヤごと交換するハメになってしまうのです。

しかも1本だけ新品にすると、新しいタイヤとすり減ったタイヤでは、外径に相違が出ます。

そのため、2本タイヤ交換するか、タイヤローテーションが必要になったりと、出費がかさんでしまいます。

ですので、釘が刺さっているのを見つけても、空気が抜けていなければ、すぐに釘を抜いてしまわず、パンク修理ができるディーラーやガソリンスタンドなどを探しましょう。

もしも、空気が抜けてしまっていたら、決して走行しようとせず、JAFや任意保険のロードサービスを利用しましょう。

タイヤの溝に石が挟まっている取ったほうがいい?

釘と同様に、タイヤの溝に石が挟まっている場合はどうでしょう。

取り除くのが面倒で、そのままという方は意外に多いのではないでしょうか。

こちらは釘のようにパンクしてしまうほど刺さることは少ないですが、放っておくとトラブルの原因となります。

新品のタイヤは使い込まれたタイヤに比べ、ゴムが柔らかいので、小石が挟まりやすくなっています。

そのままにしておくと、ゴムを痛めてしまい、最悪パンクを招いてしまうこともあります。

また石が挟まったまま走行すると、回転による遠心力で、小石がタイヤの溝から離れ、車体に傷をつけたり、歩行者に接触してしまう恐れもあります。

高速道路を走行中であれば、飛び石となって他の車のフロントガラスにヒビを入れてしまう危険性もあります。

タイヤの溝の小石を取り除くには

タイヤの溝に挟まった小石は、ガッチリと挟まっていると素手で取り除くのは困難です。

難しい場合はマイナスドライバーなどを使用すれば、簡単に取り除くことができます。

ただし乱雑に行なってしまうと、小石が勢いよく飛んだり、タイヤ表面のトレッド面に傷をつけてしまったりと、トラブルの元なので、周囲に気を配りながら行いましょう。

最後に

このように釘も小石も気づくのが遅れると、重大なトラブルに発展することもあります。

そのため、早めに気がつく事が一番です。

これまであまり意識してなかった方も、洗車時などの際には、タイヤの確認をしてみてください。

また、この記事を読んだ後に、一度タイヤを確認してみてはいかがでしょう。

もしかしたら釘が刺さっているかもしれませんよ。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

株式会社オートウェイタイヤ通販

  • 楽天・ヤフータイヤランキング独占中!
  • 他社圧倒の低価格!販売本数1,000万本突破!在庫70万本以上!全国タイヤ取付協力店3,300店突破!
  • 最短翌日のスピード配達!ヤフーカスタマーケア賞受賞の丁寧・誠実な対応!
  • 従来のタイヤ販売店では取り扱っていない海外メーカーの激安タイヤを豊富にラインナップ!

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法