軽自動車のターボ「メリット・デメリット」燃費が悪くなる!?故障しやすい!?

維持費が安くて、運転もしやすいことから、軽自動車は人気です。

しかし、軽自動車には加速性能が悪いとか、パワーが弱いといったデメリットがあります。

それを補ってくれるのが、ターボエンジンです。

しかし、ターボエンジン搭載の軽自動車にもメリット・デメリットがあります。

今回は、ターボエンジン搭載車の軽自動車について、メリットとデメリットを紹介していきます。

軽自動車の購入を検討されている方や、ターボ付き軽自動車の購入を検討されている方の参考になればと思います。

ターボエンジンとは

車はエンジンで動きますが、エンジンでどんなことが起こっているかご存知でしょうか。

エンジン内では、空気とガソリンを混ぜて爆発させ、そのエネルギーで車を走らせているんです。

走りを良くするためには、より大きな爆発を起こす必要があります。

そのためには、多くの空気とガソリンを混ぜなくてはいけません。

そうなると、エンジンそのものを大きくして排気量を増やすことになります。

軽自動車の場合は、排気量が660cc以下でなくてはいけないという規格があります。

そのため、排気量を増やすことができません。

そこでターボエンジンの出番となります。

ターボチャージャーの仕組み

ターボとは、ターボチャージャーの略で、日本語に訳すと「過給機」となります。

過給機というのは、エンジンのシリンダーへ、空気を強制的に送り込む仕組みのことです。

ガソリンを燃焼させると、排気ガスが出でて、マフラーからそのまま排出されます。

しかし、ターボエンジンは、排出ガスをタービンに送り込んで圧縮し、再びエンジンに戻すことで排気量以上のパワーが出るようにします。

ターボエンジンでは排気量を増やすことなく、エンジンのパワーをアップすることができるということです。

エンジンのパワー「馬力」

エンジンのパワーを数値化したものを馬力といいます。

馬力は、「ps」という単位で表します。

数値が高いほど馬力が有り、低いほど馬力の無い車ということになります。

排気量が50ccの原付バイクだと、馬力はだいたい5psくらいです。

ターボエンジン搭載の軽自動車と、非搭載の軽自動車では馬力にどのくらいの差があるのでしょうか。

ホンダ「N-BOXカスタム」の場合

  • ターボなし:58ps
  • ターボあり:64ps

ダイハツ「タントカスタム」の場合

  • ターボなし:52ps
  • ターボあり:64ps

ターボエンジン搭載の軽自動車と非搭載の軽自動車では、馬力に最大12psの差が出ていることがわかります。

どの車種もターボエンジン搭載車の馬力は、「64ps」になっていますが、それは軽自動車の規格によって軽自動車の馬力は「64ps」までと決められているためです。

軽自動車の最大馬力は「64ps」なんです。

ターボエンジン搭載車のメリットデメリット

ターボンエンジンを搭載すると、軽自動車でもエンジンパワーを増幅して走りを良くすることができます。

軽自動車そのものの性能が上がってきているとはいえ、軽自動車が馬力の弱い車ということには違いありません。

そのため、走りにこだわるなら、ターボエンジン搭載の軽自動車を選んだほうがいいです。

では、ターボエンジンを搭載することのデメリットには何があるのでしょうか。

ターボエンジン搭載車のデメリット

ターボエンジン搭載車のデメリットとしては

  • 燃費が悪くなる
  • 寿命が短くなる傾向がある

ターボエンジン搭載車は、非搭載車に比べて馬力が大きくなりますが、その分燃費は悪くなります。

燃費を取るか、走行性を取るかの選択は、ドライバーの考え方次第となります。

ターボ搭載車は非搭載車に比べて、故障しやすいという話をよく聞きます。

もともとの排気量が小さい軽自動車が、ターボエンジンで馬力を底上げされているわけですから、いわばドーピングしているようなものです。

エンジンにより多くの負担がかかることは予想できます。

また、ターボエンジンが付いている分だけ、使用パーツが多くなりますから、それだけ故障するおそれのあるパーツも増えるということです。

こうしたことを考えれば、ターボエンジン搭載者は、非搭載車の軽自動車よりも寿命が短くなる傾向はあると言っていいでしょう。

ただし、故障しやすい、すぐに寿命が来るということではありません。

車の寿命を延ばすには

どんなタイプの車にも言えることですが、最終的にその車の寿命を決めるのは、オーナーがいかに大切に扱うかです。

具体的には、オイル交換やメンテナンスを定期的に行うことです。

エンジンオイルは、人間でいえば血液のようなものです。

血液がドロドロよりサラサラのほうが健康状態としては理想ですよね。

一般的にオイル交換を頻繁に行うことは、車の寿命を延ばすのに有効なこととされています。

タードエンジン非搭載車なら、走行距離が10,000キロを超えたタイミングか、1年ごとの交換でいいでしょう。

ターボエンジン搭載車は、5,000キロぐらいで交換するようにしてください。

3,000キロで交換するというオーナーもいますが、オイル交換にも費用がかかりますから、無理のない範囲でいいと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか。

軽自動車は馬力の弱い車ですから、ターボエンジン搭載車を選んだ方が走行時のストレスを減らすことができます。

しかし、ターボエンジン搭載車は非搭載車よりも車両価格や、維持費が高くなりますから、走行性を取るかコストを取るかという選択になってきます。

どちらにもメリットとデメリットはありますので、そこはオーナー自身の考え次第ですね。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法