車内の温度を一気に下げる方法:炎天下でも温度を上げない事が可能!

炎天下の夏は、車を屋外に駐車しておくと、すぐに車内の温度が高温になってもの凄い事になってしまいます。

短時間の駐車と思っても、車に直射日光が差していると、アッという間に車内温度はかなり上昇してしまい、ドアを開けた瞬間にモワっとした嫌な熱気が出てきて、うんざりしてしまいますよね。

エンジンを停めて、25度に設定していたエアコンを切って外に出て、10分後に戻ってき た時には、25度だった車内の温度は、わずか10分で38度まで上がっていたなんて、この時期では当たり前になっています。

さらに時間が経過すれば、温度はますます上昇を続け、車内の温度が50度以上にもなります。

我々が考えている以上に車内温度が上昇するスピードは速いのです。

今回は、そんな車内温度の上昇に対し、温度を下げる驚くべき方法を紹介していきます。

この時期、車内温度の高温については、車に乗る方は全員が苦しんでいると思いますので、是非参考にしてもらえたらと思います。

ドアを開け閉めする

ドアの開け閉めによる車内温度を下げるやり方としては、どちらか一方の後部座席のドアか窓を開けます。

後部座席の窓が案分くらいしか開かない場合は、ドアを開けた方が効果があります。

次に開けたドアと反対側の対角線上のドアを開け、5回から6回ほどドアを開け閉めします。

 

  • 助手席側の後ろを開けたら運転席のドア
  • 運転席側の後ろを開けから助手席のドア

このようにして、5回から6回ほどドアを開け閉めするだけで、車内の温度が外気温とほぼ同じ温度にまで下がります。

2ドアの車の場合は、開けたドアと反対側のドアの開け閉めで構いません。

これは、空気の通り道を作り、ドアを開け閉めする勢いで、社内の熱い空気を車の外へ押し出し、車内に外気を取り入れる方法です。

 

車の反対側に回るのが面倒な場合は、同じ側面の前後のドアを開け閉めすることでも効果があります。

デメリットとしては、ドアを開け閉めする音は意外と大きいので、早朝や騒音トラブルの多い地域では注意が必要かもしれません。

ドアを閉めずに、ドアが閉まる直前に止めて、ドアを開けるを繰り返すことでも効果は同じなので、騒音が問題になる場合は閉めずに対応してみてください。

 

ドアとトランクを全開にする

車のドアを全部、さらにハッチバックやトランクも全開にします。

これは、社内と車外の空気を入れ替えて、社内の気温を車外の気温と同じくらいにまで下げる方法です。

窓よりも、ドアの方が開くスペースが大きい分、ドアを空けた方が効果を感じるのが早いです。

トランクは熱がこもりやすいので、トランクを開けて熱を逃がしてあげる事で、さらに効果を実感できます。

 

走りながら車内の空気を入れ替える

車内が熱すぎると、エアコンをフル回転しても、冷たい風が出てくるのに時間がかかります。

そんな時は、走行中に窓を開けて、車内の空気を入れ替えます。

基本は「対角線上に窓を開ける」ことです。

 

車の中は、前部座席の方が空気圧が低く、後部座席はそれより少し空気圧が高くなっています。

その性質を利用して、空気の通りを良くさせます。

 

例えば、助手席の窓を10センチくらい空けて、運転席後ろの後部座席の窓を5センチほど開けます。

すると、対角線上に空気の通り道ができ、効率よく換気が行えるようになります。

こうすることで、社内の気圧が少し上がるのため、吸気と排気のバランスが向上し、車内の空気を入れ替え安くできます。

 

ボディに水をかけるのは避ける

一方、できるだけ避けておきたいのが、車体に水をかけることです。

熱を冷ますためには、水をかけるのが一番手っ取り早いように思えるかもしれませんが、夏の暑さの前ではすぐに水は蒸発してしまます。

そして、ボディにウォータースポットを作るだけになってしまい、良いことがありません。

また、車体内部の温度を一時的に下げられたとしても、車内温度が急激にされるわけでは ないため、オススメできません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

移動に車を利用する場合は、自分だけでなく同乗者の健康も考えしっかりとした対策をしたいところです。

車内の熱を逃がす工夫や、対策だけでなく、こまめな水分補給などを心がけることも大事ですね。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

 

 

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法