車の虫汚れの効果的な取り方と防止方法:放置すると塗装にダメージ!

虫が増える季節ですが、気になるのは、車につく虫の汚れですよね。

夜に車を運転した後、周りが暗いと、虫による汚れ具合はその場ではあまりわからないかもしれません。

翌日に明るくなってから、汚れに気づいて驚くこともあるでしょう。

虫の汚れは、放って置くと、落としづらくなり、洗車に苦労する事になってしまします。

また、車の塗装にもダメージを与える原因になってしまうんです。

そんな困った虫汚れに対し、どうやったら車にこびり付いた虫汚れを綺麗に落とせるか?

また、車のボディーに虫跡がつかない対策方法はあるのか?

虫汚れに対する効果的な方法をまとめましたので、虫汚れに悩んでいる方には是非読んで頂けたらと思います。

虫の汚れが落としにくいのは何故か?

同じ車の汚れでも、泥跳ねなどとは異なり、虫の汚れを落とす作業にうんざりした経験がある方も多いのではないでしょうか。

大きな虫の場合もありますが、小さな虫がボディーの広い範囲にへばりついてしまうことの方が多いと思います。

車は高速で移動しているので、飛んでいる虫にとっても車との接触は相当なダメージを受けます。

虫も小さいとはいえ動物ですから、体液には粘着性のある物質が含まれています。

そのため、体液がボディーにこびりつくように付着して、いったんボディーに付着した後は、なかなか落としづらい状態になるんです。

虫汚れをそのままにしておくと、硬くこびりついてしまったり、ボディの塗装にもダメージを与えてしまいます。

ボディーに付着した虫汚れはどう落とす?

虫の汚れが付いて直ぐであれば、雑巾やブラシでもある程度は綺麗に落とせるでしょう。

問題は、時間が経ってしまい汚れがこびりついた場合です。

付着してから時間が過ぎるほど、虫の汚れも乾燥が進むので、こびりつき具合はますますひどくなります。

ということは、反対に水分を加えれば、汚れは落としやすくなるはずです。

水でもいいですが、お湯の方が効果的です。

食器洗いの際、水よりもお湯が油汚れを落としやすいのと同じです。

約70度の熱めのお湯に、雑巾やタオルを浸してから絞ります。

虫の汚れをパックするように上からかぶせましょう。

水分で汚れをふやかせば、あとはゆっくりとこすって落とすだけです。

また、お湯のような温度で効果を上げるほかに、大量の水で、汚れに水分を多く含ませる方法もあります。

つまり、雨の日に掃除すれば効果的ですね。

水分を使っても、どうしても落ちない汚れが残っていたら、虫取りクリーナーも合わせて試してみましょう。

お湯を使った方法と同じように、クリーナーをティッシュペーパーなどに染み込ませて汚れをパックします。

クリーナーが汚れにより浸透し、非常に落としやすくなります。

車に虫がつかない方法ってあるの?

残念ですが、車が虫をすべて避けることができません。

どんなドライビングテクニックでも虫を避けて走行するなんて不可能です。

ただし、スピードを落として運転すると、車にぶつかる虫の数は少なくなります。

どうしても無視の汚れがつくのが嫌であれば、ヘッドランプを点灯する夜間や、スピードを出す高速道路での運転をなるべく避けるしかありません。

しかし、現実的にはそういった車の使い方は難しいですよね。

防止策としては、汚れがつきやすいパーツにラップを巻いておく方法もあります。

汚れたあとは、ラップを取り替えるだけです。

あるいは、シリコンやフッ素などでコーティングすると、車に汚れがつきづらくなります。

また、汚れ落としも今までより楽になります。

コーディングについては、こちらの記事がおすすめです。

私的コーティング剤TOP5(ホワイト系ボディー編)
私的コーティング剤TOP5 私が今までに使用したコーティング剤の中からTOP5を発表したいと思います。 今回のランキングは、ホワイト系ボディー編となります。 同じコーティング剤でもボディーカラーが違うと結果が異なる事があると思いま...

最後に

いかがでしたでしょうか。

他にもカラスやハトなどの鳥の糞による汚れにお困りの方もいるかと思います。

この場合も汚れを落とす方法は、虫と同じと考えて構いません。

虫に限らず、汚れは車につきものです。

汚れてもそのまま放置するようなことはせず、直ぐに洗車することを習慣付けたいものですね。

最後まで読んで頂き、有難うございました。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法