車の給油口のキャップ閉め忘れ・紛失を無くす方法

フルサービス方式のガソリンスタンドでは、定員さんが給油作業をしてくれるので、あまり意識したことのなかった給油口。

現在では、セルフ式ガソリンスタンドが普及するにつれて、ドライバー自ら給油する機会も当たり前になりました。

そこで意外にミスをしがちなのが、給油口キャップの閉め忘れです。

今回は、閉め忘れによりどのようなトラブルが起きるのか、そして、キャップの閉め忘れを未然に防ぐための対策についてもご紹介いたします。

もしかすると既に給油口キャップの閉め忘れを経験されている方もいらっしゃるかもしれませんね。

給油口キャップの閉め忘れに気づくポイント

給油口キャップを閉め忘れても、すぐに大きな問題が起こるとは限りません。

そうは言っても、なるべく早く閉め忘れに気付いたほうがトラブルを抑えられます。

一番わかりやすいのは、匂いでしょう。

ガソリンは揮発性が高く、液体から気体に変わりやすいという特性があります。

そのため、給油口キャップが閉まっていなかったら、ガソリンならではの鼻をつく強い匂いに気が付くはずです。

もう一つはガソリンの減り具合です。

気化したガソリンが給油口から漏れ続けていけば、タンク内のガソリンもその分だけ減っていきます。

燃料メーターが、普段よりも減り具合が早いなと気づいたら、給油口キャップの閉め忘れが原因の場合もあります。

そのため、そんな時は、停車して給油口をチェック してみましょう。

給油口キャップ閉め忘れて走り続けると起こるトラブル

給油口が開いたままの状態で走行すると、どのようなトラブルの考えられるでしょう。

トラブル①

雨が降っていれば、給油口カバーの内側にも雨水が浸入し、開いた給油口から燃料タンクに流れ込んでしまう恐れがあります。

燃料への不純物の混入は、エンジントラブルを起こしかねません。

トラブル②

ガソリンは気化するだけでなく、給油口が開いていれば、そのままもれる危険もあります。

走行中に路面から伝わる振動で、燃料タンクからガソリンが溢れる場合があります。

満タンであれば、尚更ガソリンは溢れやすくなるでしょう。

漏れたガソリンが車のボディに付いたままにしておくと、塗装の変色や塗装の剥離を起こします。

また、ガソリンがボディーに付着した場合は、給油交付金の汚れを洗い落とすことで塗装へのダメージを防げます。

トラブル③

給油口キャップの閉め忘れが原因で生じる最も危険なトラブルは、ガス爆発です。

気化したガソリンがガスなって、車内に侵入する場合もあります。

また、停車していれば、車の周囲を漂っているかもしれません。

そんな状況で、タバコやライターを使用したり、あるいは何かの拍子で静電気が生じたりすれば、気化したガソリンに引火してガス爆発が起きかねません。

給油口キャップを紛失した場合の緊急対処法

給油口キャップをなくしてしまったけれども、給油口キャップが短時間で見つかるとは限らず、新品をすぐ買えるとも限りません。

そんな時は、身の回りにある物で給油口を密閉してしまえば、 ガソリンが漏れ出す量を抑えられます。

手軽で役に立つのは、ビニール袋や食品用ラップです。

給油口を塞ぐのですから、ガソリンが触れても化学反応を起こしたりせず、滲み出したりしないものが良いでしょう。

給油口に取り付ける際は、穴が開いたりしないように何重にも被せた方が安心です。

そして、紐や輪ゴム、ガムテープなどで着実に固定しましょう。

輪ゴムなど小さなアイテムは、給油口の中へ落としてしまわないよう、作業には注意してください。

もちろん、給油口をビニールなどで塞ぐのはあくまでも一時的な処置です。

早急に給油口キャップを手に入れてください。

給油口キャプは何故無くなるのか?

給油口キャップをなくしてしまう最大の原因は、セルフ式ガソリンスタンドでの閉め忘れです。

給油機にあるキャップ置き場を利用した場合、給油後にはカバーのみを閉めて、給油口キャップの事を忘れて、そのまま発車してしまうケースが多いようです。

セルフ式ガソリンスタンドを利用する際には、給油口キャップを閉めたかいつも確認するのがベストが、頭では分かっていても、うっかり忘れてしまうなど、なかなか難しいのもです。

給油口キャップを車から離してしまうのが問題なのですから、車体とつなぐ紐付きや、給油口カバーの裏に取り付けられるようなアイテムを利用すると 紛失防止に効果的です。

もちろん、給油口キャップを閉めたとしても、締め方が緩いと意味がありません。

給油口キャップはしっかり締めましょう。

セルフ式ガソリンスタンドに置き忘れたかなと思ったら、まずはガソリンスタンドへ連絡を入れて確認してみましょう。

給油した際の領収書やレシートには、ガソリンスタンドの電話番号が書かれています。

店舗側もよくある忘れ物だとわかっていますので、問い合わせがあることを想定して店内で保管ているはずです。

もし紛失した給油口キャップが見つからなければ、カー用品店や自動車販売店で新品を購入するしかありません。

車種によって、サイズや形状が異なる場合がありますので注意してください。

最後に

いかがでしたでしょうか。

おろそかにしがちな給油口キャップですが、適切な取り扱いが車の安全を保ちます。

置き忘れたり、閉め忘れたりしないよう、日頃から給油口キャップの扱いには気をつけ ましょう。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法