車のヘッドレストって何の意味があるの?外したら違法なの!?そんな疑問に答えます

普段乗っている車には、ヘッドレストが付いているかと思います。

しかし、車種によっては運転席と助手席だけで、後部座席にはヘッドレストが付いていないといった場合もあります。

ですが、どうしてヘッドレストがついているのかを知っている人は、意外と少ないのではないでしょうか。

また、「うっとしい」「邪魔くさい」「視界が悪くなる」「カッコ悪い」などの理由で、ヘッドレストを取り外してしまっている人も居るようです。

しかし、ヘッドレストは命を守るために安全運転には欠かせないパーツなんです。

そのため、ヘッドレストがない車は車検が通らない事にもなるんですよ。

今回は、意外と知らないヘッドレストの重要な役割について説明して行きたいと思います。

記事を読まれる方の中にも、ヘッドレストを取り外してしまっている方もいるのではないでしょうか。

ヘッドレストが如何に重要な役割をしていて、また、取り外していると違法となる事を知って頂ければと思います。

ヘッドレストの意味

ヘッドレストがどのような役割なのか、それはヘッドレストと言う名称の意味を知ると分かります。

ヘッドレストとは、「head restraint」という英語を短くした言い方です。

「レスト」にあたる部分が「rest」であれば、「休み」や「休息」の意味になります。

しかし、「restraint」となると、「抑制」や「拘束」といった意味になります。

つまり、ヘッドレストとは頭を抑えるためのパーツであり、交通事故などによる衝撃を抑えて頭を守るためにあるのです。

ヘッドレストの重要な役割

交通事故には様々なパターンがありますが、その中でも多いのは追突による事故です。

追突を起こすと、首にダメージを受ける例がほとんどと言われてきました。

追突による衝撃や、追突を避けようとして急ブレーキを踏むことなどにより、車に乗っている人の身体には前に向かって慣性の力が急激にかかります。

胴体が前へ倒れると、思い頭は反動により後ろへを大きく動いてしまいます。

そのため、首に大きなダメージを受けてしまうケースが起こるのです。

このように、追突事故に対しては、むち打ちのように頭が大きく振られてしまうのを抑えるため、ヘッドレストは欠かせないのです。

ヘッドレストは取り外してはいけない

ヘッドレストは、頭を守る重要な役割を果たしています。

そのため、取り外してしまうと、万が一、事故に遭った際にむち打ちの症状を起こしてしまう可能性もあり、場合によっては後遺症に悩んでしまうかもしれません。

「頭に当たるのが邪魔」になる等の理由から、ヘッドレストを取り外してしまう人もいますが、ヘッドレストは車に乗る人の体を守る大切なパーツです。

ヘッドレストが取り外された車は、道路運送車両法の保管基準を守っていないとみなされます。

そのため、ヘッドレストを取り外している状態で車検を受けると指摘を受けてしまい、車検が通りません。

また、車へのヘッドレストの取り付けが義務付けられていますので、勝手にヘッドレストを取り外してしまうと、道路交通法違反行為となります。

そのため、罰金刑や懲役刑に課せられる恐れもあるのです。

ヘッドレスト位置は正しく調整しましょう

ヘッドレストがきちんと取り付けられていたとしても、正しい使い方をしていなければ、頭を守るという機能も効果的に働きません。

ヘッドレストの調整で最も大切なのは、頭に対する高さを合わせることです。

人の身長は様々ですので、頭の位置に正しくヘッドレストが当たるように高さの調整をしましょう。

ヘッドレストの上に頭が乗っかってしまうようでは、いざという時に何の役に立たないのです。

車を買った時からヘッドレストの位置を調整した事がないという人も多いのかもしれません。

しかし、万が一のことを考えて、ヘッドレストが確実に頭を保護してくれる位置まで調整を行いましょう。

また、ヘッドレストは上下だけでなく、前後にも調整できるものもあります。

いつもの運転姿勢よりやや前よりの位置に合わせてヘッドレストを後頭部に近づけてみ てください。

最後に

いかがでしたでしょうか。

ヘッドレストは疲れた時に頭を休めるためのパーツではなく、実は頭を守るための大切な 機能があるのです。

今後は、近年普及しているアクティブヘッドレストが普及することも見込まれています。

車選びの一つに、アクティブヘッドレストを入れてみるのもいいかもしれません。

安全のことを考えて、ヘッドレストは正しく装着し自分に合うよう、日頃から調整しておきましょう。

最後まで読んで頂き、誠に有難うございました。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法