車のエアコン故障原因はコレ!修理費用は思ったより〇〇なので要注意!

夏の炎天下では、車内の温度は50度以上になることもあり、車を運転するには、カーエアコンが不可欠です。

そんな時、もしエアコンが故障してしまったら、車に乗ろうという気さえ失せてしまいます。

カーエアコンは、家庭用のエアコンとは構造も使用環境も異なるため、故障のリスクは意外と高くなりがちなのです。

今回は、カーエアコンの不調を早めに対処するために、故障の原因についてご紹介したいと思います。

エアコンが故障する前に、これから紹介する原因箇所を予めチェックしてもらえれば、故障を未然に防いだり、予防する等の対策が行えるようになります。

カーエアコンの不調サイン

 

カーエアコンの効きが悪くなってきたら、故障の疑いがあります。

エアコンの不調にも様々な現象がありますが、その殆どが以下の2種類になります。

吹出口から風が出ない

風が出ない場合は、車内に向けて風を送る送風機に不具合は発生している可能性があります。

温度が変わらない

風が出るのに、車内が冷えない場合に想定される不調としては、構成部品の故障あるいは、冷媒に問題が発生していると思われます。

主にコンプレッサー、コンデンサーファン、エバポレーターなどが故障していると考えられます。

エアコンガスが不足していても、十分に冷やす事ができなくなります。

ガス漏れをおこしている場所によっては、交換修理が必要になってきます。

 

エアコンガスが不足

 

エアコンの不調にはさまざまな原因がありますが、その中でもエアコンガスの不足は、最も早く解決ができます。

自動車販売店や、整備工場に車を持ち込んで、エアコンガスを充填してもらうだけで解決します。

充填にかかる費用は、およそ5000円から1万円程度です。

 

部品交換修理になった場合の費用

 

エアコンガスを充填しても調子が戻らなければ、エアコンプレッサーなど、他の場所が故障している可能性があります。

エアコンガスの不足か、それとも故障かを切り分けるには、ガソリンスタンドなどで無料チェックしてもらえるので、まずはチェックしてもらって故障原因を切り分けてみてください。

故障だったケースで、交換にかかる費用は次の通りです。

 

エアコンプレッサーの修理は、およそ5万円からとなります。

 

エアコンデンサーファンの修理は、およそ3万円からとなります。

 

エバポレーターの修理は、およそ5万円からとなります。

 

故障箇所が1か所ではなく、複数箇所にわたる場合も考えられます。

エアコンの修理となると、高額になる場合も多いので、まずは見積りをしてもらい金額を確認してみましょう。

また、エアコンガスを循環させている、ガスラインそのものが劣化していたら、ガス漏れが想定されます。

ガスラインの交換費用は、約10万円かかりますが、ガスラインの詰まりによる不具合だけの場合は、およそ2万から3万円くらいの分解清掃費行うことが出来ます。

 

電気系機構の専門家「電装屋」に依頼してみる

エアコンの故障で部品交換などが必要でしたら、電装屋と呼ばれる電装整備工場へ、直接修理を頼んだほうが、費用を抑えられるかもしれません。

自動車販売店や、通常の自動車整備工場に頼んでも、電装系を扱える整備士が所属していなければ、電装屋へ外注に出している場合もあります。

電装屋は、エアコンを含む電気関係の専門家ですから、修理の判断を的確に行なってくれますので、修理の選択肢として検討してみるといいでしょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

カーエアコンは、振動や衝撃、そして高温などのエンジンルームの影響を受ける厳しい環境下で使われているため、意外と故障は起きやすいのです。

不調の兆候が現れ始めたら、できるだけ早めに点検を行って、ラブルを最小限に抑えるようにしたいですね。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

 

 

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法