スポンサーリンク

洗車機は傷がつく!?手洗いと比較してのメリット・デメリットを解説

洗車をする場合、方法は手洗いと洗車機のどちらかを選ぶことになると思います。

洗車機を使うと作業は簡単ですが、車体に傷が付くという噂があり、洗車機を避けるドライバーも多くいます。

洗車機での洗車で車に傷が付くという噂は本当なのでしょうか。

今回は、手洗い洗車と、洗車機での洗車とのメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

洗車機での洗車で車体に傷がつく噂について、終止符を打ちます。

スポンサーリンク

洗車機で車を洗うと傷がつく?

自分の愛車はできるだけ綺麗な状態にしておきたいですよね。

しかし、毎回自分の手で手洗いするのは、正直大変で面倒ですよね。

何回かに一度は丁寧に手洗いするとしても、ちょっとした汚れならガソリンスタンドの洗車機にお任せしたいと思ってしまいます。

でも、ここで気になるのが、「洗車機で洗うと車体に傷が付く」という昔から噂されている真偽です。

この噂は本当なのでしょうか。

結論から言うと、最新型の洗車機で洗うなら傷がつく心配はありません!

昔の洗車機では車に傷がつくこともあったかもしれませんが、最新の洗車機であれば傷が付くことはありません。

洗車機の今と昔

昔の洗車機なら、噂の通りで車体を傷つける事もあったのではないかと思います。

  • 洗車機ブラシが硬い素材でできていた
  • 洗車機ブラシに付いた付着物が車体に当たっていた

などの理由が挙げられます。

現在の洗車機は、洗車ブラシの素材にスポンジやムートンといった柔らかいものを使っています。

しかし、昔の洗車機は、プラスチック製や、ナイロン製の硬いブラシが採用されていました。

洗車機は、ブラシの高速回転で汚れを落としますから、摩擦で車体に細かい傷がつくことはあったでしょう。

現在の洗車機には、1台の洗車が終わるごとに、ブラシを洗浄する機能が備わっています。

そのため、前の洗車で付いた付着物は、ブラシ洗浄機能によって落とされ、次の洗車で傷つける心配はほとんどありません。

昔の洗車機にはこのような機能がなかったため、洗車した車に砂や小石が付いていた場合、それらの付着物がブラシに残り、付着物が付いたブラシのまま、次の車を洗っていたと考えられます。

石や砂が付いたブラシで洗車を行えば、手洗いでも車体に傷を付けてしましますよね。

昔の洗車機で洗車した場合には、車体を車を傷つけるリスクがあったことは確かです。

しかし、技術の進化によって、現在ではそのようなリスクはほとんどないと考えていいでしょう。

ただし、古いガソリンスタンドでは、旧式の洗車機を使っている事もあります。

そのため、洗車機で洗車をする前に洗車機の型番や年式を確認するか、新しいガソリンスタンドで洗車するようにする事が確実です。

洗車機と手洗いのメリット・デメリット

最新の洗車機を使って洗車をすれば、車を傷つけることなく洗えるということなら、いつも洗車機を使って洗車をすれば楽ですよね。

ですが最新の洗車機にもデメリットはあります。

洗車機での洗車と、手洗いでの洗車、療法についてメリット・デメリットを確認していきましょう。

洗車機を使うメリット

  • 洗車に時間がかからない
  • 安く済む
  • 手間いらずで汚れ物も出ない

洗車機を使うデメリット

  • どうしても洗い残しができる
  • クルマの形状によっては洗えないこともある
  • 旧型の洗車機の場合は、車体に傷が付く恐れがある

手洗いのメリット

  • 隅々まできれいに洗車ができる
  • 車体の状態を細かく把握することができる

手洗いのデメリット

  • 洗車に時間がかかる
  • 冬は寒い
  • 道具を揃える必要がある
  • ガソリンスタンド等で手洗い洗車お願いする場合、洗車機での洗車より料金が高い

所感

時間やコストを考えれば、洗車機を利用するのがよさそうですが、洗車機では洗えない細かいところは手洗いするしかないでしょう。

どちらの洗車方法も一長一短です。

どうしても手洗いする時間が無かったり、自分で洗うのが大変という場合は、ガソリンスタンドや洗車業者に依頼すれば、手洗いでの洗車もしてもらえます。

洗車機での洗車よりもコストはかかりますが、そういったサービスを利用するのもいいかもしれません。

最新洗車機ブラシで傷がつく条件

洗車機で洗うと車に傷が付くという噂は、最新の洗車機であれば車の塗装より柔らかい素材で作られている為、基本的にボディに傷がつくことはありません。

ですが洗車機のブラシで傷がつく条件が2点あります。

塗装上のワックスやコーティング層にブラシの跡が残ることで生じるもの。

これは「ローリング傷」と呼ばれるは上のもので、厳密には塗装表面についた傷ではありません。

しかし、洗車機の洗車後に発生しやすいものです。

もう一つは、汚れが激しく、ボディ上の細かい石や砂・泥がブラシによって擦れてしまって生じる傷です。

この様な汚れが付いている状態であれば、洗車機を使う前にあらかじめ水をかけて、石や砂・泥の汚れを流してください。

そうする事で、事前に防ぐことができます。

どうしても傷が心配という人は、高圧の水流で洗うノンブラシ型の洗車機があります。

しかし、ノンブラシ型の洗車機は、ブラシ型洗車機よりも細かい部分を洗えませんので、細かい部分は手洗いが必要となります。

手洗いが必要な分、手間が発生し、結局手洗いになる事も多いです。

最後に

いかがでしたでしょうか。

洗車機での洗車にも、手洗いでの洗車にも、それぞれメリットとデメリットがあるので、状況に合わせて使い分けて愛車をキレイに保ちたいですね。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法