格安レンタカー安さの秘密と注意事項:安さには秘密と闇が存在する!

格安レンタカーをご存知でしょうか 。

12時間使用しても2525円程度で済む格安レンタカーは、価格的に非常に魅力です。

ですが、なぜこんなにも安いのでしょうか。

今回は、格安レンタカーの仕組みと、レンタカーを利用する際の注意点についてご紹介 いたします。

安すぎるのには、何か裏があるのではないかと疑ってしますのが人間です。

安すぎると逆に怪しんでしまい、格安レンタカーを借りるのに躊躇してしまっている方は、是非ともこの記事を参考に判断して頂けたらと思います。

価格の安さには理由がある

格安レンタカーは、大手のレンタカー会社と比べても、基本料金が半額程度です。

価格の安さは、利用者にとって嬉しい話ではありますが、あまりに安いと本当に安全な車なのかと、むしろ心配になるかもしれません。

安さの理由①「基本料金」

安さの理由として、基本料金に含まれる内容が少ない事があげられます。

レンタカーの料金体系は概ね、通常に使用するための「基本料金」と、利用客の希望に応じて上乗せする「オプション料金」の2本立てになっています。

大手のレンタカー会社であれば、基本料金に含まれている内容の多くが、格安レンタカーではオプション料金扱いになっています。

例えば、大手であれば無料のカーナビやチャイルドシートなども、格安レンタカーで使用するには、オプション料金が別途かかる場合があります。

安さの理由②「副業」

副業としてレンタカー事業を行っているため、コストを抑えられる事があげられます。

格安レンタカーを運営しているのは、ガソリンスタンドや自動車整備工場であるケースが少なくありません。

つまり、副業としてレンタカー事業を経営しているため、多くのコストを掛けずに営業できるのです。

レンタカーに使用している車も、年式の古いタイプの中古車を導入することで、初期投資を抑えています。

古いタイプの車といっても、メンテナンスされており、問題のある車を使用しているわけではありません。

また経営元がガソリンスタンドであれば、ガソリンの経費も抑えられる仕組みになっています。

レンタカーを使用する際に気をつけたいこと

時間は厳守

車を借りるときも、返却する時も、利用時に決めた時間を守りましょう。

予約した時刻に遅れてしますと、キャンセルされてしまうこともあります。

また、営業所への返却が遅れて、営業時間を過ぎてしまった場合、翌日の朝までの料金を支払うことになる場合もあります。

いずれにせよ、時間に遅れそうになったら、営業所へあらかじめ連絡を入れるようにしましょう。

ですが、返却時間に遅れそうだからと無理な運転をしてしまい、交通事故や交通違反を犯すことの無いようにしてください。

レンタカーを借りる際は、余裕を持たスケジュールを立てるようにしましょう。

傷を確認する

レンタカーの営業所で借りる前に必ず行うのが、車の傷のチェックです。

借りる前からついている傷を見落としたりすると、自分がつけた傷ではないにもかかわらず、事故扱いとして修理代を請求されるケースもあります。

時間がないと事前のチェックをおろそかにしがちですので、営業所へは余裕をもって早めに到着するようにしましょう。

任意保険

レンタカー会社によって加入している任意保険は異なります。

万が一の時に適用される保険の範囲は、事前に確認した方がいいでしょう。

借りた人以外でも運転を予定している場合は、運転する予定のある人、全員が保険に入っておいた方が安心です。

オプション

カーナビやチャイルドシートなどもを併せてレンタルする事ができます。

また、若葉マークやスタットレスタイヤ、タイヤチェーンなどもオプションが可能になっています。

ですが、当日営業所を訪れた際に頼んでも、店舗に在庫がない場合は、オプションが使えない事もあります。

使用する予定があれば、使用予定のオプションをあらかじめ予約しておきましょう。

ガソリン満タン

レンタカーは、借りた人が自分でガソリンを満タンにして返却します。

ガソリンを入れずに返却をすると、手数料を含むガソリン代が請求される場合もあります。

また、返却時にガソリンスタンドを探して右往左往していると、意外に時間を費やして しまいます。

営業所に近いガソリンスタンドをあらかじめ確認しておくと、返却時に慌てることがなくなります。

最後に

いかがでしたでしょうか。

車は走りさえすれば不満はないという方は、格安レンタカーを利用するのに向いています。

一方で、レンタカーに様々なサービスを求めている方には、格安レンタカーは向いていないかもしれません。

格安レンタカーでもオプションを付けることで、料金的に大手のレンタカー会社とあまり差がなくなってしまう場合もありえます。

自分がどのように使いたいのかを考え、格安レンタカーを賢く利用するようにしましょう。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法