値上げが続くガソリン代節約方法の裏ワザ:価格高騰を乗り切る

知らないと損するガソリン代を節約できる方法を紹介したいと思います。

原油価格の高騰が続き、ガソリン代も値上がりを続けています。

そんな状況なので、少しでもガソリン代を節約したいと誰もが思っているのではないでしょうか。

ちょっとした事で、すぐにガソリン代の節約が行える裏ワザを紹介しますので、ガソリン代を節約する際の参考にしてみてください。

ガソリンは満タンにしない

ガソリンを入れるとき店員さんに「レギュラー満タンで!」という方も多いことでしょう。

でも節約をしたいのならば、満タンに給油するのは間違っています。

節約したいのならば、金額を指定して給油したり、給油量を制限して給油して、満タンにしないようにしましょう。

長距離を移動するときでも、タンク半分ちょっとくらいにしておくのが良いとされます。

時々タイヤの空気をチェックする

タイヤの空気圧もガソリンの節約に大きく関係しています。

空気圧には適正値があり、その適性値から4分の1ほど空気がない状態で走るだけで100キロ当たり0.2リットルくらいのガゾリンを余分に使ってしまいます。

セルフガソリンスタンドでは、空気圧のチェックを怠ってしまいがちなので、よく確認しておきましょう。

いらない荷物は降ろしておく

人に例えてみればわかると思いますが、重いものを持って走る時と軽いものを持って走るときでは、重いものを持って走る方が疲れますよね。

車もそれと同じで、重くなるとガソリンを多く消費してしまいます。

だいたい30キログラムの荷物を持って1000キロ走行すると、1リットルくらい余分にガソリンを消費してしまいます。

急発進や急停止をしない

車の急発進は、普通に走らせるのと比べて、だいたいに3倍ものガソリンを消費します。

発進の時は、ブレーキを離してすぐにアクセルを踏む方が多いのですが、グリープ現象で車が少しずつ走り出すまでアクセルは踏まないことが大切です。

走るときは、車と車の間の距離をあけるように心がけて、アクセルの踏み加減を一定にするようにしましょう。

車の速度は一定にする

車は時速40キロで走っている時が一番燃費が良いと言われています。

高速道路では、100キロ以上での走行は空気抵抗が大きくなり、燃費が悪くなるため、10キロほどスピードを落とすと、燃費が1~2割良くなります。

エコタイヤにする

エコタイヤは、転がり抵抗が少ないタイヤで、燃費を良くすることを目的としたタイヤです。

車の前輪で駆動する車(FF)の場合、後輪は、クルマのバランスをとっているだけで、実質は、前輪に引っ張られて移動しています。

ですから後輪を細いタイヤにすると、抵抗が少なくなって燃費が良くなります。

エアコンは極力使わない

車のエアコンにも、もちろんエネルギーが必要です。

車のエアコンをつけると、エンジンに負担がかかり燃費が悪くなってしまいます。

ですから、エアコンの使用は控えるかもしくは温度を下げすぎないようにしましょう。

朝に給油する

ガソリンというのは、温度により密度が変化し気温が低いときに密度が濃くなります。

これを利用して気温が比較的低い朝に給油しましょう。

エンジンオイルは定期的に点検する

車のオイルが汚れていると燃費が低下してしまいます。

粘度が高いオイルは、燃費が悪くなってしまいます。

エアクリーナーを掃除する

エンジンにも人間と同じ鼻づまりがあります。

エアクリーナーが、油汚れで目詰まりを起こしていると、エンジンの性能が落ち燃費が悪くなります。

エアクリーナーの状態は、燃費改善に高い効果があるので、こまめに点検しておきましょう。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法