間違った渋滞回避方法:やってはいけないNG事例紹介

こんな奴は渋滞にハマる!!

渋滞時にやってはいけないことを紹介していきたいと思います。

あなたは、渋滞回避だと思って行っている行動が、実は無駄な事だったかもしれません。

お盆、正月、GW、渋滞すると分かっていても、その道路を使わなければいけない時がありますよね。

大型連休を利用してどこかへ行こうと思うと渋滞は避けて通れません。

せっかくのお出かけや、旅行を、渋滞で何時間も使ってしまうのはもったいないですよね。

そんな人たちのために今回は、「渋滞時のNG行動」「渋滞を回避する裏技」を紹介したいと思います。

NG度30パーセント「渋滞時間に走行する」

大型連休前には、道路交通情報で渋滞予測が発表されます。

あらかじめ渋滞すると言われる時間帯に、あえて突っ込むのは自殺行為です。

日にち自体は変えられなくても、可能な限り時間帯をずらしましょう。

1時間違うだけで、かなり差が出ることもあります。

NG度60パーセント「車間を詰めて走行する」

割り込みされたくないために、車間距離を詰め過ぎるのは良くありません。

アクセル、ブレーキのオン・オフを繰り返すことで無駄に燃費を悪くします。

適度に車間を開けて、ブレーキを踏まなくていいような走行を心がけましょう。

NG度100パーセント「車線変更を繰り返す」

渋滞に巻き込まれてしまった時にやってはいけないことがが、少ない車線を狙って車線変更を繰り返す行為です。

まるでマリオカートでもやっているかのように、目先の1台2台を抜きにかかるのは絶対にNG行動です。

無理な車線変更は、事故の危険もありますが、みっともないのでやめましょう。

そもそも渋滞の原因は、高速道路上でブレーキを踏むことによって始まります。

強引な車線変更は、後続車にブレーキをかけさせてしまい、さらに渋滞を生む原因となり ます。

さらに、無謀な車線変更で事故でも起こせば、自分が原因の大渋滞を発生させます。

当然旅行どころではなくなります。

搭乗者からも白い目で見られ、あなたは孤立し、残念な人扱いになってしまいます。

うろちょろせずに、同じ車線を走りましょう。

渋滞回避の裏技

ここからは、渋滞回避の裏技をご紹介します。

テレビなどでも紹介されていて、「それ知ってる」というものもあると思いますが、そんなこと言わずに見ていきましょう。

走行車線は左側

渋滞中どの車線が一番速く進むか、さまざまな検証により、一番左の車線が早いということが実証されています。

  • 一番左の車線は遅い車が走る
  • サービスエリアの合流がある

などの理由から、なるべく走りたくない車線というイメージがドライバーの中にあるようです。

そのため、渋滞時には一番左の車線以外に車が集中し、結果的に一番左の車線の流れが最もよくなることが多いそうです。

また、一番左の車線にはバスやトラックなど大型の車両が多いので、同じ区間で比較すると、車の台数が少なく、ストップ&ゴーの回数が少なくなります。

大型トラックの後ろを走る

高速道路で渋滞にハマった時は、大型トラックを見つけて、その後ろについていきましょう。

トラックの後ろは前が見えづらくなるので普段は避けたくなりますが、渋滞時は役に立ちます。

大型トラックは運転席が高く見晴らしがいいので、一番スムーズに進む車線を見つけやすいのです。

そのため、トラックについていくと流れが早く、スムーズに走行ができます。

また、高速道路の料金所での渋滞でも有効です。

最近は ETCが装着された車がほとんどなので、渋滞はあまりないですが、もし渋滞の場合は、大型トラックだと1回に流れる距離が10メートル以上も流れます。

乗用車が並んでいるところに並びがちですが、実はトラックの後ろが一番早いんです。

リムジンバスの後ろを走る

大型トラックと同様、一番スムーズな車線を走るということはもちろんです。

リムジンバスは、渋滞情報が最も早いと言われ、常に最新情報が運転手に伝えられます。

専門担当者から、リアルタイムで最短ルートや回避コースが入ってきます。

カーナビやスマホ情報よりも早くて正確な情報と言われています。

大型トラックほど走っていませんが、もし見つけたら後ろにつきましょう。

最後に

完全に渋滞を回避するのは難しいですが、今回ご紹介した技を駆使し、少しでもストレスを軽減して楽しいドライブにしましょう。

また、事故にも十分気をつけてください。

最後まで読んでいただき誠に有難うございました。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

交通マナー自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法