車の同乗マナー:クライアントや上司と乗車!どこに座る!?

仕事で車を利用する際、あなたはどの位置に座っていますか?

意外に忘れがちですが、仕事で車を使用する際のビジネスマナーの一つに、乗車位置があります。

上司が運転する車に乗る場合、あるいはタクシーに乗る場合には、どこに座ればよいのでしょうか!?

大切なクライアントとタクシーに乗る場合、座る位置を間違えると、クライントとの取引に影響がでるかもしれません。

今回は車のビジネスマナーについてご紹介します。

これから、上司やクライアントと同じ車に同乗する場合は、是非参考にして頂ければと思います。

タクシーの場合

 

社外での打ち合わせや、営業活動など、職場の上司や部下、またはクライアントと一緒にタクシーに乗る機会はめずらしくありません。

タクシー乗り場の先頭に立ち、上司やクライアントより先にタクシーに乗り込んだでしていないでしょうか。

タクシーを利用する際のマナーとして、乗車位置には「上座」と「下座」があります。

次のような順番となりますので、上司やクライアントなど、目上の人に対して失礼にならないよう気を付けて下さい。

 

  • 運転席の後ろ(上座)
  • 助手席の後ろ
  • 後部座席の中央
  • 助手席(下座)

 

社用車の場合

社用車を利用する場合の席順は、タクシーと同じでしょうか。

実はタクシーとは順番が少々異なっていますので、混同しないように注意してください。

運転者は別として、社用車では次の順番で座ります。

  • 助手席(上座)
  • 運転席の後ろ
  • 助手席の後ろ
  • 後部座席の中央(下座)

 

上司が運転する車の場合

判断に迷うのは、上司が運転する車に2人きりで乗車する場合かもしれません。

「後部座席」それとも「助手席」でしょうか。

上司が運転する車の場合は、助手席に座るのがマナーです。

後部座席に座ってはかえって失礼にあたります。

 

上司が運転する車でのマナー違反

助手席では寝ないこと

助手席で寝てしまってはいけません。

仕事中であることを忘れないでください。

 

スマホの操作ばかりしない

これも、居眠りと理由は同じです。

しかも上司に運転してもらっているのですから、そのような軽率な行動は、自分自身に対する評価を下げる原因です。

 

安全運転の邪魔

上司と二人きりであれば、間を持たせようと、神経を使ったり、気の利いた会話をしようとします。

雑談するのが全くダメというわけではないですが、運転者の注意をそらすような言動はできるだけ控えましょう。

 

上司に車の運転を頼まれたら

上司から、車の運転を頼まれることもあるかと思います。

そんなとき、自分に運転の自信があるのであれば、代わりに運転しても差し支えありません。

ただし、運転を引き受ける際、1点だけ注意すべきことがあります。

それは、万が一事故を起こした場合の扱いです。

仕事中に起こした事故であっても、「車の修理費などは運転していた従業員が負担しなければならない」なんてブラックなルールが規定されていないでしょうか。

労災や保険が適用されるか、あらかじめ把握してから業務を遂行するようにするのが良いでしょう。

もしも適用されないのであれば、運転するべきではないです。

そして、その会社は真っ黒です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

車に乗って移動している最中でも、仕事中であることには変わりありません。

自らの立場をわきまえ、相手への配慮も考えながら、ビジネスマナーとしての車の乗り方を心がけましょう。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

 

 

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

交通マナー自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法