スポンサーリンク

居眠り運転で事故を防止する最も有効な対策!兆候と原因を理解!

ドライバーにとって、居眠り運転ほど怖いものはありません。

睡魔に対し、けっして気力だけでは勝つ事はできません。

一周の居眠りが、一生を悲惨にする惨事故につながってしまいます。

そこで今回は、運転中に眠気を感じた時に効果的な対処法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

居眠り運転には前触れがある

運転中にまぶたが重くなって、気づいたら目を閉じていた、などという状態にまで至ると、かなり危険です。

運転している本人にとってはほんの一瞬かもしれませんが、時速40キロで走行中に、1秒間だけ目を閉じた間でも、車は約11メートルも進んでいるのです。

「寝不足だな」と自分で気づいていれば、まだ対策は取れますが、問題は自覚がないケースです。

次のような兆候が当てはまれば、睡眠不足を自覚していない人と言えます。

これらは体からの寝不足のサインですので、十分に注意が必要となります。

  • 信号や標識を見逃す
  • まっすぐ走れない
  • イライラしたり落ち着きがなくなったりする
  • 運転に集中できなくなる
  • 頭が重くなる、下がる
  • まばたきの回数が増える
  • たびたびあくびをする

対策①「仮眠をとる」

眠気を感じたら、車を駐車場などに入れて仮眠をとってください。

15分から30分程度の睡眠でも、頭がスッキリしてきて目が覚めます。

仮眠後は、座席のシートを起こしてすぐに運転したくなりますが、寝起きは頭がまだぼんやりしたままですので、車からいったん降りて体を動かしてください。

また30分以上眠ってしまうと、眠りが深くなりすぎて、むしろ眠気が増してしまうことがありますので注意してください。

スポンサーリンク

対策②「運転する時間帯を考える」

居眠り事故が多く発生しているのは、昼間の場合、午後3時から4時の間です。

この時間帯は、特に眠くなりやすい頃されています。

食後は眠くなると言いますが、人の体は起きている間ずっと緊張を保ち続けられる訳ではなく、時には集中力が途切れてしまいます。

特に、車の運転を予定している場合、可能であれば午後3時から4時の間の時間帯は避けて計画してみてください。

対策③「窓を開けて換気をする」

車内の空気が滞留しよどんでいるのも、眠くなる理由の一つになります。

二酸化炭素の濃度が高いと、眠気が誘発されることが科学的に証明されています。

眠くなると、ついしちゃうあくびも、脳が酸素不足の状態の時に無意識的に行われる反応なのです。

窓を開ければ、空気を入れ替えられます。

涼しい風にあたる刺激が、頭をすっきりとさせてくれます。

対策④「体を冷やす」

天気が雨だったりして、窓を開けられないときにはエアコンでも効果があります。

少し寒く感じるくらいの方が、眠気も取れます。

休憩中に洗面所などで顔を洗っても、目が覚めますし、ウエットティッシュで顔を拭くだけでもリフレッシュでききます。

特にアイスタイプのウエットティッシュがおすすめです。

対策⑤「話をする・歌を歌う」

同乗者がいれば、積極的に会話を交わしましょう。

黙っていると余計に眠くなるものですが、声を出すことは意外と眠気覚ましに効くのです。

話す内容は他愛もない雑談で構いません。

特に笑い話は結構眠気を忘れさせてくれます。

同乗者がいなければ、好きな歌を大声で歌い続けても同じ効果があります。

車内には自分一人ですので、どんな歌声でも恥ずかしがることはありません。

対策⑥「ガム等を噛んでアゴを動かす」

声を出すのと共通していますが、アゴを動かすこと自体が、脳に刺激を与えるので、眠気覚ましに効果があります。

アゴの運動は、大脳全体の覚醒レベルを司る「脳幹網様体」という部位に直接信号を送るため、脳の覚醒を促します。

ローズマリーやペパーミント、ユーカリの香りには眠気を減らす働きがあります。

また硬いせんべいなどを噛むことも効果があります。

スポンサーリンク

対策⑦「カフェインを摂る」

カフェインといえば、代表的なのはコーヒーです。

他にもお茶やチョコレートにもカフェインは含まれています。

カフェインは脳に直接作用するので、脳が覚醒しやすいため、眠気覚ましになります。

眠気を覚まそうと思ったら、コーヒー1杯程度のカフェイン量ではとても足りません。

そのくらいの量ではむしろリラックスしてしまい、逆効果にもなりかねないのです。

コーヒー1杯に含まれるカフェインは、100ミリグラム程度なので、3倍くらいが眠気覚ましには丁度よい量です。

カフェインを摂る場合は、サプリメントを利用するのが最も効果的です。

いかがでしたでしょうか。

これらの方法は、あくまでもドライブ中にどうしても眠くなってしまった際の一時しのぎでしかありません。

やはり運転する前には十分な睡眠をとっておくことが、最も重要なことです。

居眠り運転は、ドライバー本人の意識次第で防げる問題です。

睡眠時間が足りないとはっきりわかっていたり、前日の疲れが抜けてないと感じたりしたら、車の運転を控えるのもまた大切なことです。

事故を起こす際、あなただけの事故ではなく、他人を巻き込む事故を起こす場合もありますので、十分注意してください。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
交通マナー自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法