ペーパードライバーあるある!軽自動車には軽油などなど

普段から、運転中にマナーを守らない車や、危険な走り方をする車に出会って、ヒヤッとした経験はないでしょうか!?

そのような運転をするのは、単に乱暴な運転をする人ばかりではなく、運転に不慣れなペーパードライバーの場合もあります。

週末や連休といった休みになると、そういったペーパードライバーによる運転の車が増えるのです。

そこで今回は、ペーパードライバーにありがちな特徴についてご紹介いたします。

ゴールド免許保持者

ペーパードライバーのほとんどが、ゴールド免許保持者と言ってもいいでしょう。

免許の選定基準は、運転の技術には関係ないので、普段、車を運転することのないペーパードライバーであれば、ゴールド免許が取れてしまうのです。

軽自動車に軽油を入れる

ガソリンスタンドの軽油を、軽自動車用の燃料と勘違いする人が稀にいるのです。

そのため、軽自動車に軽油を入れてしまうトラブルが絶えないそうです。

これは、ペーパードライバーだからというよりは、基本的な車の知識の問題かもしれません。

バックでの駐車が苦手

運転に不慣れなためペーパードライバーが苦手なのが、バックでの駐車です。

車庫や駐車スペースに、きっちりと入れることができず、前後左右に隙間が偏っていたり、時間がやたらとか掛かったりしてしまいます。

また、大抵の場合は、駐車スペースに対し斜めに止まっているのも、ペーパードライバーの特徴です。

車線からはみ出して走行

車線の真ん中を走れずに、片側によってしまったり、カーブに沿って曲がれずに、車線内をフラフラ運転していたりするのも、ペーパードライバーの特徴です。

路肩にはみ出して走行しているペーパードライバーや、センターラインを踏んで走行しているペーパードライバーのケースも見受けられます。

小赤信号で見切り発車

交差点の赤信号で停止中、他の信号が赤になったからと、ジリジリと進み出す車を見かけます。

AT車はクリープ現象といって、停車中、ブレーキペダルから足を離すとゆっくり前に進んでしまいます。

ペーパードライバーは、運転にあせってしまい、早く進もうとする気持ちでいっぱいいっぱいなのかもしれません。

車線変更をしない

ペーパードライバーは、車線変更を苦手と感じていて、同じ車線を走り続ける人が多いのです。

車線の多い道路の場合、ペーパードライバーは前後に注意を払うことができないため、車線を変えるタイミングがつかめないのです。

左折が大回りになる

ペーパードライバーでも、前後輪の内輪差は理解しているようです。

ですが、左折時に縁石にぶつかるのを恐れ、大回りになってしまいがちです。

ペーパードライバーの中には、対抗車線にハミ出して左折してしまう車も・・・。

ウインカーを出し忘れる

ペーパードライバーは運転に余裕が無く、右左折や車線変更をする際にウインカーを出さない人がいます。

しかし、意図的にウインカーを出さないのではなく、周囲の状況を把握するのに精いっぱいで、ウインカーを出せないのです。

ウインカーとワイパーを間違える

ウインカーとワイパーのスイッチは、形も似ているため、運転に不慣れなペーパードライバーは、操作を間違えやすいのです。

輸入車の場合、ウインカーとワイパーの配置が反対なので、さらに操作の違いが起きるようです。

最後に

如何でしょうか。

ペーパードライバーは、クルマの運転に慣れていないため、少なからず周囲に迷惑をかけてしまうことが多いようです。

免許を取得しても、ペーパードライバーのままなのは、人それぞれの事情があります。

しかし、運転に慣れるのには公道を走り、経験を積むしかありません。

公道を走るからには、ペーパードライバーを言い訳に出来ない事を、しっかりと理解しましょう。

最後まで読んで頂き、誠に有難うございました。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

交通マナー自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法