マニュアル車は事故が少ない理由:何故オートマ車は事故を起こすのか?

高齢者ドライバーの事故が多くなっていると言われていますが、原因としてはブレーキと アクセルの踏み間違いが多いです。

ただし、このミスそのものは、マニュアル車では起きにくい事故なんです。

今回は、オートマ車よりもマニュアル車の方が事故率が低い理由について紹介したいと思います。

マニュアル車は操作ミスが出にくい

マニュアル車は3ペダルで、左足でクラッチ、右足でアクセルとブレーキを操作することになります。

オートマ車のように、Dレンジの上にRレンジがあるというわけでもありません。

また、前進後退をしようとした時に、シフト レバーの位置に違和感があれば、感覚的にすぐわかるでしょう。

マニュアル車の場合は、発信するときにクラッチをゆっくり繋いでいくので、急発進するつもりが無いのにアクセルを踏み込んでしまうということが起こりにくいのです。

仮にアクセルとブレーキを踏み間違えたとしても、クラッチを踏めば、動力が切れるので、建物や人に突っ込んでしまうことは防ぐことができます。

ペダルの踏み間違いによる事故が起きやすいのは、パーキングや、高速道路などの料金所でお金を払う時など、一時停止から発信する状況の時でしょう。

マニュアル車なら、一時停止状態では左足でクラッチペダルを踏んでいますので、右足でアクセルを踏んでしまったとしても、エンジンを空ブカシするだけで、急発進してしまう事はありません。

しかし、これがオートマ車だと、ブレーキペダルから足を少しでも離してしまうと、クリープ現象で車が進んでしまうのです。

このクリープ現象に焦っていしまい、ブレーキを踏もうとした時に、間違ってアクセルを踏んでしまったら大惨事ですよね。

一方でマニュアル車はクラッチ操作がある分、操作が複雑で煩わしいこともあります。

しかし、そのおかげで安全性が高鳴るという側面があります。

高齢者にはマニュアル車がお勧め

高齢ドライバーによる事故が増えていると言っても、報道された時に目につきやすいため、あまり偏見を持つのも良くないでしょう。

ただ高齢になるにつれ、判断力や瞬発力に衰えが出てくることは確かです。

若いドライバーよりも、事故を起こす危険性が高いことは、高齢者自身が理解しておかなくてはいけません。

国や自治体では65歳以上のドライバーには、免許の自主返納を促しています。

また、家族に説得されて、免許返納するという人も多くなっています。

しかし、地方在住者の場合は、車が生活の足となっていることもあり、高齢になったからといって、運転をやめるわけにはいかない事情も多くあります。

高齢になったけれど、やむを得ず車を運転し続けなければいけないドライバー向けに安全装置があったらいいですよね。

安全装置の義務化をすれば、高齢ドライバーによる事故は減らせるのではないでしょうか。

現在では、操作ミスの起きにくいなニュアル者が、一番安全装置のついた車に近い気がします。

ここで気になるのが、そもそも高齢ドライバーはマニュアル車に乗っている人が多そうということです。

普通自動車で、AT限定免許が取得できるようになったのは、1991年のからです。

そのため、若い頃に免許を取得した高齢ドライバーの多くは、マニュアル車を運転できる免許を持っているはずです。

ねもちろんマニュアル車を運転できる免許を持っているからといって、マニュアル車を購入するとは限りません。

また、ある程度の年齢になってから免許を取った人は、オートマ車限定の免許しか持っていないかもしれません。

高齢ドライバーだからこそ、運転操作の単純なオートマ車を運転したいと思う人もいるかもしれません。

マニュアル車だから安全とは言えませんが、高齢ドライバーにこそマニュアル車を運転してもらいたいと思うのです。

運転操作が複雑な分、不意の事故のリスクを減らせます。

マニュアル車はクラッチ操作がある分、操作が難しいと思われがちですがその分安全性が高いんです。

最後に

いかがでしたでしょうか。

統計上マニュアル車の方がオートマ車より事故率が低い傾向にあります。

しかし、それで高齢ドライバーによる事故が、減ると断言することは出来ませんが、今回紹介したようにマニュアル車の運転操作は、オートマ車よりもはるかに複雑で難しいのです。

高齢ドライバーは操作性や安全性も意識して運転する車を選ぶ事で、事故のリスクを減らす事が出来ると思います。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法