パドルシフトの使い方:使うタイミングとメリットについて解説

オートマ車に搭載されている「パドルシフト」は使いどころがわからなくて、車にパドルシフトが装備されていても、使っていないというドライバーも多いといいます。

確かに、常に使う必要はない機能ではあるのですが、使い方によっては大きなメリットがあるんです。

今回はそんな「パドルシフト」について、「パドルシフト」を使う最適なタイミングや、使い方について紹介していきます。

ご自身の車に「パドルシフト」が装備されているのに、今まで一度も使った事がないなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方へ、「パドルシフト」が本当は如何に優れた装備なのかを知って頂けたらと思います。

パドルシフトとは何ぞや

パドルシフトとは、ハンドルの奥から左右に伸びているレバーのことです。

このスイッチを走行中に操作することで、ハンドルから手を離さずにギアチェンジができます。

パドルシフトが搭載された初めての市販車は、フェラーリF355です。

1997年、マニエッティ・マレリ社と共同開発したF1マチックが採用されました。

パドルシフトは、スポーツカーについている付加機能というイメージがありますが、最近では一般のオートマ車やCVTのミニバンや軽自動車など多くの車に搭載されています。

 

パドルシフトはいつ使うべきか?

オートマ車で、街中を走行している場合、ギアは「D:ドライブ」に入れておけば、自動で変速してくれます。

そのため、パドルシフトを操作する必要をあまり感じないかもしれません。

しかし、パドルシフトを使った方が、より思い通りにシフトダウンすることができるので、上り坂を失速しないように走行したい場合などに便利です。

パドルシフトが最も活躍するのは、エンジンブレーキを使いたいときです。

例えば、長い下り坂を走行する場合に、フッドブレーキを踏み続けていると、「フェード現象」や「ベーパーロック現象」を引き起こす恐れがあります。

そんなとき、パドルシフトを使ってシフトダウンすれば、エンジンブレーキを併用することになり、ブレーキにかかる負担を軽減することができるのです。

フッドブレーキとエンジンブレーキを併用すれば、ブレーキパッドを長持ちさせることも できます。

 

下り坂でギアを「N:ニュートラル」に入れるという人もいるようですが、ニュートラルに入れてしまうと不動力がゼロになるため、車が予期せぬ挙動を起こすことがあり、大変危険です。

パドルシフトを使用してギアチェンジを行えば、誤って「N:ニュートラル」にギアチェンジしてしますという事態も防ぐことができます。

また、パドルシフトを使用することで、燃費も良くなるのです。

最近の車は、エンジンブレーキの使用中に燃料カット機能が働くので、無駄に燃料を消費することがありません。

パドルシフトはスポーティーな走りを楽しみたい人のための機能というだけではないのです。

 

素早く加速したいときに活躍

急カーブのある峠道など、減速した後に素早く加速したいということがあると思います。

そんなとき、パドルシフトでシフトダウンしながら減速すると、低いギアで高回転を維持したまま走行することになるので、気持ち良く加速できます。

最近の車は、非常に優秀な制御システムが搭載されているので、パドルシフトでシフトダウンしてもエンジンの許容回転数をオーバーしてしまう心配もありません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

パドルシフトはサーキットのようなスポーツ走行をする人だけが使う装備ではありません。

今まで使っていなかった人も、ぜひ積極的にパドルシフトを使ってシフトチェンジしてみ てください。

運転の新たな楽しみが味わえること間違い有りません。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

 

 

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法