ハイオク車にレギュラーガソリンを入れると故障する!?

最近は、ガソリンの価格が高騰しており、少しでも安いガソリンスタンドで入れようと、セルフスタイルのガソリンスタンドを良く利用します。

セルフのガソリンスタンドは、慣れてしまえばなんてことないですが女性の方や、初心者の人は初めて入れるときはドキドキするでしょう。

セルフのガソリンスタンド時に気をつけたいのが、ガソリンの入れ間違いです。

ガソリン車に軽油を入れてしまい、エンジンをダメにしてしまったというのはよく聞く話です。

当然自分の車では間違いにくいですが、レンタカーを利用したときに起きやすいそうです。

ガソリン車とディーゼル車の違いは広く知られていますが、レギュラー車とハイオク仕様車の違いは意外と知られていません。

今回は、ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを入れたらどうなるのかを紹介していきたいと思います。

ハイオクガソリンとレギュラーガソリンの違いは?

例えばセルフのガソリンスタンドで、間違えて入れてハイオク仕様車にレギュラーガソリンを入れてしまった場合どうなるのでしょうか。

ハイオクガソリンだと燃料代が高くつくからと、ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを入れて乗っている人もいるようです。

一般的には、ハイオク仕様車にはハイオクガソリンを入れないといけないと言われていますが、レギュラーガソリンを混ぜても問題ないのでしょうか?

オクタン価(燃えにくさ)が違う

ハイオクガソリンとレギュラーガソリンは、オクタン価の違いで区別されています。

オクタン価とは、ガソリンの燃えにくさを示す数値で、耐ノック性を示す数値でもあります。

オクタン価が高いほどガソリンは燃えにくく、つまり、ハイオクガソリンはレギュラーガソリンに比べて、燃えにくい燃料ということになります。

 

ハイオク仕様車に、レギュラーガソリンを入れるとノッキングが起きることがありますが、現代のクルマのほとんどはレギュラーガソリンを入れても普通に走ることができます。

実はハイオク仕様車にレギュラーガソリンを入れるというのは、ある程度メーカー側も想定しており、即故障に至るということはありません。

 

現代のクルマは、コンピューターで制御されており、エンジンも例外ではありません。

ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを入れた場合、レギュラーガソリン用のプログラムが作動し、自動的に燃料噴射や点火時期を遅らせ、ノッキングを抑えるようになっています。

ただし、出力や燃費が5パーセントから30パーセントほど落ちる傾向にあるので、エンジン本来の力を発揮することはできなくなります。

 

 

継続的なレギュラーガソリンの使用は避けるべき

ハイオク仕様車に、レギュラーガソリンを入れるというのは、あくまで緊急時を想定してのことです。

継続的な使用は、お勧めできません。

もし継続的な使用でエンジンが故障してしまっても、メーカーの保証対象外となることが多いようです。

 

また一部の車では「ハイオク専用車」となっているものもあり、レギュラーガソリンを入れることで、エンジントラブルを引き起こす可能性もあるので、注意が必要です。

 

さらに年式が2000年以前の古い車では、ノッキングを抑えきれない場合もあります。

総合的に見ると、ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを入れるのはメリットは薄いと考えた方が良いでしょう。

 

レギュラー車にハイオクガソリンを入れるとどうなる?

全く逆のパターンを想定してみましょう。

ほとんどがレギュラー仕様の国産車ですが、ハイオクガソリンを入れるとどうなるでしょうか。

正解は全く問題ありません

レギュラー仕様車は当たり前ですが、レギュラーガソリンでノッキングを起こさないように設計されていますので、より耐ノック性の高い燃料を入れたところで意味はありません。

 

また、レギュラー仕様車にハイオクガソリンを入れると、燃費がわずかによくなるという報告もありますが、燃料の価格差を考慮するとメリットは薄いと言えます。

さらに、ハイオクガソリンには、添加剤が含まれていることを売りにしていますが、期待するほどの洗浄効果はありません。

 

最後に

今回はハイオク仕様車にレギュラーガソリンを入れるとどうなるかを紹介しました。

車好きの人は知っていたかもしれませんね。

大切な愛車と長く付き合えるよう、適切な燃料を入れてあげることが大切だということですね。

最後まで読んでいただき誠に有難うございました。

 

 

 

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法