ドライブレコーダーを付けないと危険な理由:最強のドラレコはコレ!

事故に巻き込まれた際の証拠映像として、また、最近話題になっている煽り運転の抑止やトラブルになった際の証拠映像を残すため、ドライブレコーダーをつける人が増えていますね。

私もその一人です。

「ちょっ、あぶねーな糞ババア」なんて事が結構ありますよね。

事故の際当事者同士の証言だけでは、お互いが自分の都合が良いように証言しがちで、過失割合の算出が納得いかなかったりしますよね。

ドライブレコーダーがあれば、強力な証拠となりしっかりと援護してくれるはずです。

もっとも、自分に非がある場合は、逆効果となりますので安全運転は必須です。

今回は、そんなドライブレコーダーを付けていないと危険な理由と、最強のドライブレコーダーの選び方を紹介したいと思います。

最強のドライブレコーダーはコレ!

ドライブレコーダーは、5000円のものから、2万円を超える高機能のものまで様々です。

選ぶ際に重視したいのは値段が手頃で高画質なものです。

私がオススメするドライブレコーダーは「VANTRUE」社の「OnDash R3」ドライブレコーダーです。

取り付けは簡単で、シガーソケットから電源を取るだけです。

乗車後しばらくすると、表示されていたディスプレイは消えますので、全く気になりません。

実際「OnDash R3」ドライブレコーダーを装備し、走行中に撮影した映像です。

2K超高画質ですので、当然ですが綺麗な画質です。

事故は必ず真正面で起こるとは限らないので、撮影できる画角が広いほど安心できます。

この映像で見ると、反対車線含めて4車線カバーできています。

夜間も走行して画像を確認してみたいと思います。

こちらも非常に鮮明に映っています。

事故の記録映像としてだけではなく、旅行などの思い出映像としても使えそうです。

FullHDより解像度が高いので、ナンバープレートまでよく見えます。

また駐車時には動きや衝撃などをフロントカメラが検知して記録します。

最後に

まだ、ドライブレコーダーを付けていない方に、「OnDash R3」ドライブレコーダーはオススメです。

ドライブレコーダーを考えている場合は、お値段も手頃で必要な機能を兼ね備えた「OnDash R3」ドライブレコーダーを候補に入れてみてください。

最後まで読んでいただき誠に有難うございました。

 

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法