最近減っているサンルーフ装備の車:メリット・デメリットを解説

ドライブ好きなら、1度はサンルーフ付きの車に乗ってみたいと、憧れたことがあるのでは ないでしょうか。

快適なドライブが出来て、ステータスも味わえるサンルーフ付きの車。

今まさに、愛車にサンルーフを装着しようか迷っているという人もいるかもしれません。

今回はそんなドライバーの為に、サンルーフを取り付けることのメリットとデメリットを紹介 していきます。

サンルーフとは

サンルーフとは、自動車の屋根部分に装着するパーツで、ガラスや合成樹脂でできているものは天窓と呼ばれます。

開閉式なので、車内に光を取り込むことができ、換気にも便利です。

ドライブ中に開放感を味わえるので、人気のオプションパーツです。

サンルーフのついた観光バスなどを見かけることもありますね。

外の景色を楽しむことができるので、観光にはうってつけです。

サンルーフにはいくつかのタイプがあります。

チルトアップ式サンルーフ

チルトアップ式サンルーフは、蝶番で天窓具を開閉できるタイプのサンルーフです。

開けられる部分の面積は狭いのですが、換気が目的なら十分に役目を果たすことができます。

スライディング式サンルーフ

スライディング式サンルーフは、開閉をスライドで行うサンルーフです。

開けられる部分が大きく、開放感がより得られるので、多くのモデルに採用されているタイプのサンルーフです。

パノラマウィンドウサンルーフ

パノラマウィンドウサンルーフは、他のタイプよりも窓部分が大型で、ボディの肩口がガラス面になっているタイプのサンルーフです。

大開口の窓で、開放感は1番かもしれません。

サンフールのメリット・デメリット

サンルーフを取り付けようかどうしようか迷っている人のために、サンルーフのメリットとデメリットを紹介します。

メリット①「開放感」

サンルーフを取り付けるメリットとしては、開放感が味わえるが最大のメリットです。

サンフーフの天窓があると、車内が明るくなって気分もいいです。

春には満開の桜並木の下を走れば、車内から美しい桜を楽しむことができます。

星空を見上げながら夜のドライブをするのも素敵です。

一人でドライブを楽しみたい時にも、デートの時にもオススメです。

メリット②「換気」

サンルーフのメリットとして、換気ができる事が挙げられれます。

車内の換気はもちろん窓を開けても出来ますが、エンジン音や周囲の車の走行音が気になります。

サンルーフを開けて換気する場合なら、外の音を拾いにくいので、静かにドライブを楽しめます。

また、チルトアップ式サンルーフなら、冬場の走行中に開けても、そこまで寒さを感じることがありません。

換気機能の良さは、愛煙家の人に特にオススメです。

メリット③「買取査定が高くなる」

サンルーフを装備していると買取査定が高くなります。

サンルーフをオプションとして設置すると、10万円から20万円程度の費用がかかります。

その分希少性が高くなり、買取査定が高くなることが多いです。

サンルーフはプラス査定事項とされている場合がほとんどですが、故障していたりすると、逆に原点されてしまいますので、取扱いは丁寧に行ってください。

デメリット①「燃費が悪くなる」

サンルーフを付けることでのデメリットとして、燃費が悪くなる事が言えます。

サンルーフを取り付ければ、それだけ 重量が重くなるため、燃費が悪くなります。

サンルーフは使われているガラスも重さだけでも、20キロから30キロほどあると言います。

走りを重視するドライバーには、向かないパーツかもしれませんね。

デメリット②「夏場は車内が高温になる」

サンルーフを付けると夏場の車内が高温になります。

天窓からは光がよく入ってきていいのですが、夏場の直射日光もダイレクトに入ってきてしまいます。

そのため、車内は灼熱状態になってしまします。

日よけ窓が搭載されたタイプのサンルーフもあるので、こちらの導入をお勧めします。

デメリット③「天井が低くなることも」

サンルーフを付けると天井が低くなることもあります。

サンルーフに関するパーツを余計に取り付けるわけですから、その分車内な狭くなってしまいます。

体の大きな人は特に窮屈になってしまうかもしれませんから、実際にサンルーフ付の車に試乗して、確認してから購入するのがお勧めです。

デメリット④「雨漏りが心配」

どんなパーツでも経年とともに劣化しますが、サンルーフのゴムパーツは特に劣化スピードが速いので、雨の時などは、雨漏りしてしまう可能性があります。

デメリット⑤「価格が高い」

メリットのところでも触れましたが、サンルーフを装着すると費用がかかります。

車種や取り付けるサンルーフのタイプによって、価格はいろいろですが、安いものではないので購入は慎重に選びましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。

なんだかデメリットを多く挙げてしまいましたが、ドライブが快適にできることが何よりのメリットと考える人もいるでしょう。

ご自身のカーライフをよりよくするために、サンルーフを付けるべきか、付けないべきかを検討してみてください。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法