スポンサーリンク

キャンピングカーは普通免許で運転可能!?レンタルする前に読む記事

快適な車中泊が可能となるのが魅力のキャンピングカーですが、通常の車と異なるスタイルも多いため、今もっている普通免許で運転できるのか!?って考えてしまうも多いのではないでしょうか。

今回は、キャンピングカーを運転する時に必要な免許とキャンピングカーの種類について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

大きく分けると「自走式」と「牽引式」の2タイプ

「自走式」とは、クルマそのものに寝泊まりできる設備があるもので、一般的にキャンピングカーというとこちらのタイプを指します。

牽引式子は、生活するための設備一式を備えた専用のトレーラーで、クルマに牽引されて走行します。

トラベルトレーラー、キャンピングトレーラーなどと呼ばれています。

キャンピングカーの種類

自走式のキャンピングカーは、キャンピングカーのベースとなる車の種類や、設備の架装の仕方などによって分類されます。

バンコンバージョン(バンコン)

ワンボックスカーに架装したタイプです。

トヨタハイエースなどをベースにしています。

キャブコンバージョン(キャブコン)

小型トラックの荷台に、住居空間を乗せているタイプです。

一般的なキャンピングカーのイメージは、このキャブコンタイプのキャンピングカーを指すことが多いでしょう。

フルコンバージョン(フルコン)

既存の車種に対し架装するのではなく、キャンピングカー専用として製造されたタイプのキャンピングカーです。

バスコンバージョン(バス)

トヨタのコースターや、日産のシビリアンなどのマイクロバスをキャンピングカーに改造したタイプのキャンピングカーです。

トラックキャンパー(トラキャン)

運転席と荷台が一体であるピックアップトラックをベースとし、荷台に生活スペースを搭載させたタイプのキャンピングカーです。

日本でのキャンピングカー傾向

これ以外にも、軽自動車をベースに用いたキャンピングカーもあります。

欧米では、キャンピングカーといえば大型車が主流ですが、日本では道路の狭さや、駐車場の確保の問題から、コンパクトサイズの車種に人気が集まっています。

フルコンやバスなどの大型キャンピングカーは、充実した設備を誇るものの、その大きさから場所を取るため、大型キャンピングカーを利用しているユーザーは限られているようです。

キャンピングトレーラーは「けん引免許」が必要?

キャンピングトレーラーの最大の特徴は、やはりその大きさではないでしょうか。

車内のレイアウトは広く確保され、狭くて断念していた設備も設置できます。

ベットやキッチンのスペースにゆとりを持たせられ、さらにダイニングテーブルやソファーの様な、くつろぎの空間も用意することが可能です。

ところで、牽引というと特別な免許が必要なイメージがあります。

必要になる運転免許は、キャンピングトレーラーに限らず、牽引車の重量によって免許が変わってきます。

「けん引免許」が必要なケースは、牽引車の重量が「750キロ」を超える場合であり、「750キロ」以下であれば「普通免許」のみで牽引できます。

ただし、駐車場の確保に加えて、トレーラーにも「税金」がかかることを考慮しておかなければなりません。

「普通免許」キャンピングカーに乗れる条件

2017年3月に改正された「自動車免許制度」が施行され、普通免許の運転条件にも変更が生じました。

  • 車両総重量5トン未満 ⇛ 3.5トン未満
  • 最大積載量3トン未満 ⇛ 2トン未満
  • 乗車定員10人以下(変更なし)に変更されました

外国製の大型車を除き、ほとんどのキャンピングカーの車両総重量は5トン未満のため、従来は普通免許だけで運転できました。

それが改正によって、車両操縦業が5トン未満から3.5トン未満へと条件が狭まったため、「キャブコン」などの一部の車種は対象外になってしまいました。

しかし、改正前から普通免許を所持しているのであれば、従来どおり運転できます。

そのため、2017年3月の免許制度改正による影響はありません。

これから免許を取る方は、準中型免許でなければ運転できない車種のキャンピングカーもあるため、新設された準中型自動車免許を取得する必要があります。

ですが、最近では全長5メートル未満の「キャブコン」などは、3.5トン以下に車両重量を抑えているモデルが増えています。

もちろん、「バンコン」や「トラキャン」軽自動車キャンパーなら、普通免許で運転することが可能です。

免許制度は変わっても、キャンピングカーを使うことに対しては、それほど困ることはないというのが実情です。

最後に

いかがでしたでしょうか。

特殊な車両に思えるキャンピングカーですが、「自走式」「牽引式」ともに、実は多くのモデルが「普通免許」で運転できるのです。

「自分の免許では無理だろうな!?」と諦めかけていた方も、是非キャンピングカーの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法