カーシェアリングとは!?利用するメリットについて解説:レンタカーと何が違うのか!?

最近話題となっているカーシェアリングを知っていますか!?。

近所への買い物など、短い時間でも使えるのがカーシェアリングなんです。

カーシェアリングの手続きも非常に簡単で、気軽に利用できるので好評となっています。

今回は、カーシェアリングを利用するメリットについて解説していきたいと思います。

カーシェアリングは維持費が不要

カーシェアリングを利用するメリットとして、維持費が掛からないことが挙げられます。

マイカーは何かとお金が掛かってしまいますよね。

マイカーは購入費用以外にも、購入後の維持費に諸々費用が掛かります。

月々の駐車場代に、ガソリン代、それに自動車税や車検など、マイカーを維持するだけで結構な金額になってしまいます。

平日は電車通勤で、車を使う機会は仕事が休みの日、しかも車で出かけるといっても近所の買い物程度、という方も多くいるのではないでしょうか。

乗る機会の少なさを考えると、維持費が大変なマイカーは家計にも大きな負担になってしまいます。

カーシェアリングならマイカーとは違い、車にかかる費用を気にすることはありません。

低額な費用プランが用意されている

大手カーシェアリングの場合、入会時にかかる費用は1,500円くらいとなっています。

そして、月額基本料金などは1,000円から1,500円程度が多いです。

また、「家族プラン」や「学生プラン」など使い方に合わせたお得なプランも用意されていたりします。

月額1,000円程度の基本料なので、駐車料金だけで比べても10分の1程度の費用ではないでしょうか。

短時間(10分など)の利用が可能

カーシェアリングは、10分等の単位で利用ができます。

使うのが少しでも、通常のレンタカーのように数時間分の料金を支払うような心配はありません。

大きな買い物を予定しているので車で運びたいときや、突然の雨で車を出したくなったときなど、ちょっとした短い時間だけでも気軽に利用することができるのです。

車が無いので大きな買い物を諦め、送料を払って通販していたなんて方には有効な活用ができそうです。

利用したい車種による利用料金

利用料金は使いたい車種によって選ぶことができます。

小型車や一般車などの場合は10分あたり150円程度から、高級車のベンツの場合は10分あたり170円程度から利用できるメニューが用意されていたりします。

ちょっとしたプレミアムなイベントに高級車を利用しても、大きく料金が変わらないのは大きなメリットです。

24時間カーシェアリングの予約が可能

予約もキャンセルもパソコンやスマホから24時間行えます。

しかし、パーキングに用意されているカーシェアリングの車は台数に限りがあります。

予定が決まっいる場合は、早めの予約が必要です

給油不要で簡単な返却方法

カーシェアリングを使用した後は、車はそのまま借りた駐車場に停めるだけで返却となります。

そして、通常のレンタカーのようにガソリンを満タンせずに返却して「OK」なのです。

車の返却時にガソリンスタンドを探し回ったり、給油に時間がかかったりといった面倒がありません。

利用料金に含まれる事故時の保証

車を運転する以上は不慮の事故などが起こることを完全に否定する事ができません。

カーシェアリングでは、事故に遭った場合の補償も利用料金に含まれているので安心して利用できます。

旅行先でも同じようにカーシェアリングが利用できる

旅行先や出張先で車を使いたくなっても、契約しているカーシェアリングのパーキングがあれば、普段とまったく同じ手順でカーシェアリングを利用する事が可能です。

レンタカーのような営業所に入って書類を書く手続きは必要ありません。

また、カーシェアリングの車が置かれているのは殆どがコインパーキングとなっていますので、24時間いつでも利用できるのも大きな魅力となります。

最後に

いかがでしたでしょうか。

カーシェアリングには、レンタカーにはない魅力がたくさんあります。

新たな車との付き合い方としてカーシェアリングを利用してみるのもいいかもしれません。

最後まで読んで頂き、誠に有難うございました。

おすすめコーティングTOP3

 
1位:シランガード(ウィルソン:WILLSON) 
4.5

あまり有名ではない「シランガード」が、おすすめ度No1のコーディング剤です。

私が実際に使用した際も、特に有名ではないので購入前の期待値は、ほぼほぼありませんでした。

しかし、施工後の結果には大満足の商品です。

そして、フッ素系なので効果が長続きしないと思っていましたが、1年以上経過しても効果が続いています。

また、艶についてもガラスコーティング剤と同じ効果で、ボディー全体がヌメッとした艶が出ています。

そして、フッ素系のコーディング剤の最大のメリットは、施工が非常に簡単で失敗しにくい事です。

施工が簡単なので、重ね塗りにもおすすめです。

レビューでは、上塗りするとムラが出た等の報告がありますが、私は3回重ね塗りを行いましたが、特にムラが発生する事はありませんでした。

上塗りする事で更に艶が出た印象です。

SUBへ3回施工しましたが、溶剤は後1回は施工できる程度残っていました。

次回のコーティングの施工も、シランガードをリピート買いして施工する予定です。

 
2位:ブリス(ブリスジャパンカンパニー)
4

ブリスの売りはズバリ「自動車洗車後スプレーするだけの超簡単施工」ですしょう。

スプレータイプのコーティング剤としては、ダントツの商品だと思います。

しかし、ガラスコーティング剤ではないので、効果が長時間続く商品ではありませんが、スプレータイプのコーティーング剤の中では、こちらもダントツで継続する商品と言えるでしょう。

 
3位:AQUADROP PREMIUM(S.F.商会)
3.5

AQUADROP PREMIUMは、本物の高濃度、硬化型ガラスコート剤です。

施工が難しい等のレビューが多数掲載されていましたが、私が実際に施工した感想としては特別難しくありませんでした。

特徴としては、1本1,600円程度と安価で効果が期待できる商品です。

私が実際に施工した感想としては、レビュー通りの艶と光沢を実感できました。

自動車の役立つ知識
8割の人が知らない、車を高く売る方法